いまここで会える自然

植物初心者でも、街中で楽しめる植物を紹介するブログ

美しいミョウガの花と、つぼみのつくり。

f:id:michi_kusa:20170921140743j:plain

▲いま、うちの庭でミョウガが花盛りです。

f:id:michi_kusa:20170921134308j:plain

▲秋ミョウガ取り放題の季節がやってきました。ミョウガは半日陰に植えておけば勝手に育つので楽ちんです。

 

ミョウガの美しい花をいち早く紹介したかったので、いきなり答えを出してしまいましたが、本当は「ミョウガは植物で言うとどこの部分を食べているでしょうか?」という問題を出したかったのでした。

f:id:michi_kusa:20170921135809j:plain

▲地面からひょっこり顔を出すミョウガの花。

f:id:michi_kusa:20170921134450j:plain

ミョウガの株の脇に、気が付くとこっそり出てきます。

f:id:michi_kusa:20170921134519j:plain

▲花を正面から。身近でよく知っている野菜なのに、意外とちゃんと見たことがない花の一つだと思います。

 

さて、この花が咲いているところを引っこ抜いてみると、どうなるでしょうか?

f:id:michi_kusa:20170921134548j:plain

▲これでばっちり分かりますね。私たちがよく知っているミョウガとは、花が咲く前の「つぼみ」のことだったのでした!

 

ミョウガの花は、親の株から地中を通る茎によって少し離れた場所に突然顔を出してきます。(上の写真で、ミョウガの下に少し土がついた部分が地下茎の一部分)

 

ちょっと面白いので、料理に使うついでに分解してみました。

f:id:michi_kusa:20170921134608j:plain

▲まず、一番外側の苞をはがしてみます。思っていた以上に花柄が長い。

f:id:michi_kusa:20170921134633j:plain

▲続いて、さらに何枚か苞をはがすと、また別の花のつぼみが出てきました。

 

こうして苞葉を順番に剥いていくと、面白いことが分かりました。

f:id:michi_kusa:20170921134652j:plain

▲じゃん!上段が花のつぼみで、下段がそれを覆っていた苞葉。

一番右の棒みたいなものは、つぼみと苞葉が全て取り去られたあとに残った部分です。

 

ミョウガの「つぼみ」と一口に言っても、中にはこんなにたくさんつぼみが控えていたんですね。ミョウガの花もなかなか侮れません。

f:id:michi_kusa:20170921135006j:plain

▲でも、これどんな花のつくりをしているのだろう。ということで、最後にちょっとだけ花の細部も見てみることにしました。

 

上の写真の花の中心部に、奥から手前に向けて一本ひょろっと伸びる部分が見えますでしょうか。

f:id:michi_kusa:20170921135138j:plain

▲そこの部分をアップしたのがこちら。左にある膨らみが雄しべで、右にある先っぽの部分が雌しべなのだとか。

f:id:michi_kusa:20170921135344j:plain

▲雄しべのアップ。あっ、花粉があった!

f:id:michi_kusa:20170921135433j:plain

▲そうこしている内に、雌しべが離れました。(右側の白い紐のようなもの)

雄しべと雌しべは一体化しているわけではなく、やはり別々で作られているみたい。

 

なるほど、こんなつくりになっているのかミョウガの花は。

 

食べて美味しく、見て楽しい。野菜の観察もなかなかおススメです。