いまここで会える自然

初心者向けの、街中で楽しめる植物観察会「まちの植物はともだち」を主宰しています。

身近なドクダミのたくましい生き方

あちこちでドクダミの花が咲き始めたので、いきなり近付いて観察。

f:id:michi_kusa:20170523185914j:plain

「さて、ドクダミの花はどれでしょう?」という質問は、「どれがアジサイの花でしょう?」と同じくらい頻出の植物クイズ。

 

これがドクダミの花。

f:id:michi_kusa:20170523185855j:plain
▲…ではなくて

f:id:michi_kusa:20170523190007j:plain

▲黄色く見える棒状の部分を拡大すると見えてくる、この小さな一つ一つが花。

 

と言われても戸惑う方が多いと思うので、さらに拡大した写真を。

f:id:michi_kusa:20170523190033j:plain

▲これです。白くて先端が3つに割れているのが雌しべで、先っぽに黄色い葯(←この中に花粉が詰まっている)がついているのが雄しべ。花びらはありません。


じゃあ白いひらひらした部分は?というと、これは花びらではなく「総苞片」と呼ばれるもので、葉っぱが変化したもの。

(↓前にご紹介したハナミズキと同じです↓)

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

小さな花が集まった棒状の部分(穂状花序と言います)と、その下にある白い部分(総苞)で、全体として一つの大きな花に見せている。というのがドクダミの花の作り。

 

じつはこうした花の作りは、花の進化を考えるうえではとっても興味深いものなのだけど、その話は長くなるのとまだ僕が研究中なのでいつかの機会に。

 

・・・ややこしい話はおいておいて、やはりこうした花の作りを見ているは面白いなぁと思いつつ、頭では他のことを考えている。

 

『なんだか去年より増えた気がするな…庭のドクダミ。』

 

ドクダミは十薬の異名を持つほど薬効に優れているうえに花だって可愛らしいのに、各地であまり歓迎されていないのは、その旺盛な繁殖力のせい。

 

抜いても抜いても増える。むしろ抜けば抜くほど増える。

 

なぜだ、なぜにそんなに元気なのだドクダミよ。

f:id:michi_kusa:20170523192409j:plain
▲道路側から庭の方向に、じわりじわりと忍び寄ってくるドクダミ群落。

 

この秘密を探るべく、どうせ抜くのだからと根っこを観察してみることに。

f:id:michi_kusa:20170523192435j:plain

ドクダミの葉っぱ。

f:id:michi_kusa:20170523192500j:plain

▲この下を見ていくと、白い部分が続いていき

f:id:michi_kusa:20170523192524j:plain

▲なんと…下で繋がっている!!

 

だからか。だからなのかドクダミよ。

 

この根っこに見える部分はじつは根っこではなく「地下茎」と呼ばれる部分。読んで字のごとく地下にある「茎」です。

 

「ふーん、茎なのね」なんて、さらっと聞き流してしまいそうになるけど、これがじつはとても大事。

 

なにが大事って、根からは「芽」は出ないけど、茎には「芽」が出るんです。

 

つまりドクダミは、地上部を引っ張って抜かれても、地中に地下「茎」さえ残っていれば、そこから形成される「芽」によって新たな地上部分を作り出すことができるというわけ。

f:id:michi_kusa:20170523192643j:plain

▲地下茎の長さ、推定50センチ。

 

抜けば抜くほどドクダミが増えるのは錯覚ではなく、抜けば抜くほど地下茎がバラバラになっていき、それぞれがまた新たな地上部を作るので、抜けば抜くほどドクダミは本当に増えていくのです。なんという逞しい植物でしょうか。

 

こうなってくると、もしかしてドクダミは人間に抜かれたいと思っているんじゃないかと想像してしまうほど。

 

長くなってきたので無理矢理うまくまとめると、ヒトも植物も多少困難にぶち当たっても、見えない地下の部分がしっかりしていればそう易々とは潰されないということですネ。