いまここで会える自然

植物初心者でも、街中で楽しめる植物を紹介するブログ

ドウダンツツジの咲くところ

夜の風を暖かく感じると、今年も季節がめぐったことを実感する。

 

ハクモクレンやウメが路上で真っ先に咲き、その少しあとにソメイヨシノが見事な花を咲かせると、ごく個人的に「そろそろかな?」と楽しみにしていることがある。

 

それが、ドウダンツツジの花が咲くところ。

 

まちを歩いていて、何だかそこだけ白くなっているなぁという垣根があったら、それがドウダンツツジの花が咲くところ。

f:id:michi_kusa:20170415192634j:plain

f:id:michi_kusa:20170415192725j:plain

これを見つけたらしめたもの。予定は脇に置き、ぐいっと近寄ってみる。

f:id:michi_kusa:20170415192925j:plain

これが、ドウダンツツジの冬芽。

f:id:michi_kusa:20170415192928j:plain

春になると、この冬芽が少しづつ大きくなっていき

f:id:michi_kusa:20170415192930j:plain

ポコンっと花のつぼみが顔を出してくる。

f:id:michi_kusa:20170415192933j:plain

花のつぼみはたくさん入っていて

f:id:michi_kusa:20170415192935j:plain

次から次へと顔を出す。

f:id:michi_kusa:20170415192937j:plain

花のつぼみと一緒に葉っぱの赤ちゃんも一緒に出てくると

f:id:michi_kusa:20170415192939j:plain

こうして可愛らしい花がその姿を見せてくれる。

 

ドウダンツツジは漢字だと「満天星躑躅」や「燈台躑躅」と書かれるが、春にきらめく星のようだから、僕は「満点星躑躅」の方が好きだな。

 

一瞬で来て一瞬で去っていく春は掴みどころがない。

 

いまかな?と思ってぼんやりしていると、次の日にはすっかり夏の気配が近づいてきていて、掴めないままに春は去っていく。

 

ドウダンツツジの咲く様子を見ていると、「そうか、春っていうのはこうしてこぼれていくものなんだな。」と思う。

 

今年も春がこぼれてきた。ぽろぽろと落ちてきた。

 

どうせ今年も掴むことが出来ないから、次のチャンスはまた来年。

 

春になると色々なことを思い出すのは、きっと自分の中にも掴みきれていない気持ちがたくさんあって、春になるとひょっこり顔を出すからだと思う。

 

やっぱり春は気持ちがいい。