いまここで会える自然

本や図鑑に載っていることが、本当にそうなっているのか確かめたい。

光合成をしない不思議な植物 ギンリョウソウ

ブログを始めてから、まちなかや近くの公園でも見られる植物の紹介ばかり続いたので、たまには野山のことも書いてみようかしらと。 というのも、野山ではこの花が咲き始めたからです。 ▲いつ見ても凄い見た目のギンリョウソウ。漢字で書くと「銀竜草」、銀の…

身近なドクダミのたくましい生き方

あちこちでドクダミの花が咲き始めたので、いきなり近付いて観察。 「さて、ドクダミの花はどれでしょう?」という質問は、「どれがアジサイの花でしょう?」と同じくらい頻出の植物クイズ。 これがドクダミの花。 ▲…ではなくて ▲黄色く見える棒状の部分を拡…

女性から男性に性を変えるホオノキの花

昨日、常磐自動車道を北上していた時のこと。一際目立つ大きさの花が道路沿いにたくさん咲いているのに気が付きました。 あら、今年はちょっと早いのかしら、なんて思いながら。 ▲ということで、今日はこれ。ホオノキです。 日本では最大級の花を咲かせ、と…

絹さや マメの花のつくり

猫のひたいほどの小さな庭で、せっせと野菜を作っている。 ついこの間までは、各種菜の花(のらぼう、白菜、菜花など)がよく採れたが、今は「絹さや」の季節。 採れたての絹さやをさっとゆがいて昼食にパスタを食べる幸せ。ほんの少しでも自分で野菜を作る…

ハナミズキの花 路上の芸術鑑賞

生態や人間の文化との繋がり、園芸の歴史など、植物は色々な角度から見ることが出来るので、知れば知るほどその面白みが増していく。 でも僕がついつい普段から植物を見てしまうのは、なんだかんだ言って「綺麗だから」とか「面白い形をしているから」という…

ヤマブキの色を初めて知ったとき

「ヤマブキ」という植物をちゃんと知ったのは大学1年生のとき。 といっても、まちなかでも出会えるような植物は、ほとんど大学1年生のときに知ったのだけど。(この話はいつか改めて) この花をはじめて見たときに真っ先に感じたのは、その美しさよりも「…

ドウダンツツジの咲くところ

夜の風を暖かく感じると、今年も季節がめぐったことを実感する。 ハクモクレンやウメが路上で真っ先に咲き、その少しあとにソメイヨシノが見事な花を咲かせると、ごく個人的に「そろそろかな?」と楽しみにしていることがある。 それが、ドウダンツツジの花…