いまここで会える自然

初心者向けの、街中で楽しめる植物観察会「まちの植物はともだち」を主宰しています。

果実の話

意外と観察のしがいがあるオシロイバナの花

花の中には、どうしたものかちゃんと時間を分かっているものがあります。 ▲オシロイバナは、そんな花のうちのひとつ。 一般的によく知られた花ですが、時間を追って観察してみるとなかなかに観察しがいのある植物です。 早速ですが、順番に見て行きます。 (…

どこまでも造形が魅力的なタケニグサ

これまた家の近くを自転車で走っていると、視界の端に存在感のある植物が。 ▲振り返るとタケニグサでした。 とっても目立つので、いまとなってはこうして無意識でも気が付くほどなのに、おそろしいことにこの植物の名前を知るまでは、まるで気が付かなかった…

知っているようで知らないオオバコの話

知っていると思っている植物ほど、よく見てみると知らなかったことだらけ。 たとえば、「オオバコの花ってどーれだ?」と改めて聞かれたら、答えられるでしょうか? ▲正解は、これ! えっ?どれ?と思った方のためにさらに近付いてみます。 ▲このギザギザの…

パパイヤが野生化する沖縄県

昨日まで、沖縄県某所に出かけていました。 ところ変われば、目につく植物だって変わるもの。 ▲見事に成ったパパイヤの実。 東京ではスーパーで買わないと手に入らないフルーツですが、沖縄県では身近で見ることが出来ます。 ▲なにせ、畑から逃げ出したパパ…

身近なクリの花を面白がってみる

両親が山梨県で果樹園をしているため、たまにお手伝いという名目で遊びに行きます。 自然豊かな場所での農作業はそれだけで気持ちが良いのだけど、じつは僕のお目当ては果樹園に咲く花々。 今回の目的はクリの雌花。もう咲く頃だろうな。どれどれ。 ▲と、ク…

三時に咲くから「サンジカ」、爆ぜるように開くので「ハゼラン」、まち針みたいで「マチバリソウ」。

植物は、名前も面白い。 たとえば、ハゼラン、ハナビグサ、サンジカ、ヨジカ、マチバリソウ。 この5つの名前は、じつは今まちなかで咲き始めた「1つ」の植物を指しています。 ▲それがこれ。「ハゼラン」です。 紫色の花弁に黄色の雄しべがとっても綺麗な花…

カラスノエンドウの種子から、変化を見ることの楽しさを思う

すっかり夏めいてきて、外で植物を見れば少し汗ばむ季節になりました。 春の忙しい時期が過ぎたので少しゆっくり出来るかしら…と思ったら大間違いなのが植物の世界。 なぜなら春に咲いていた花が、そろそろ実を結び種になる季節だからです。 ▲ということで今…

ナガミヒナゲシ 異国に暮らす植物の凄み

最近、危険外来植物なんて呼ばれて知名度急上昇中の「ナガミヒナゲシ」。 その旺盛な繁殖力から「生態系を崩す」と各地で忌み嫌われていますが、この植物は果実が面白い。 ▲長い実のヒナゲシだから「ナガミヒナゲシ」。 ▲実の上部には「窓」がついていて、こ…

ナズナ ペンペングサの種

露店でコーヒーを注文している間に、おもむろに路上のナズナを引っこ抜く。 そういえば、身近過ぎてこの植物ちゃんと見たことなかったな。なんて思いながら。 ▲実を開けてびっくり、こんなところに種が! ナズナと言えば、小さい頃にこうしてジャラジャラ音…