読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここで会える自然

本や図鑑に載っていることが、本当にそうなっているのか確かめたい。

ハナミズキの花 路上の芸術鑑賞

生態や人間の文化との繋がり、園芸の歴史など、植物は色々な角度から見ることが出来るので、知れば知るほどその面白みが増していく。

 

でも僕がついつい普段から植物を見てしまうのは、なんだかんだ言って「綺麗だから」とか「面白い形をしているから」というように、単純に見た目を楽しんでるという理由が大きい。

 

たとえばこの季節ならハナミズキ

f:id:michi_kusa:20170422194731j:plain

もうなんというか、こういう花は難しいこと考えずにただただ綺麗だなぁと思って見ている。

f:id:michi_kusa:20170422194750j:plain

花付きもお見事。

f:id:michi_kusa:20170422194827j:plain

白い花もまた良きかな。

f:id:michi_kusa:20170422194844j:plain

下から覗くともう!何という美しさ!

素晴らしいです。ハナミズキ

 

ちなみにこのハナミズキ。ピンク色の部分は花弁(花びら)ではなく総苞と呼ばれるもので、花びらではなく葉っぱが変化したもの。

「えっ、どういうこと?じゃあ花はどこにあるの?」というと、ここにあります↓

f:id:michi_kusa:20170422194900j:plain

黄緑色の花弁が4枚と、おしべが4本あるのが分かるでしょうか?

f:id:michi_kusa:20170422194911j:plain

もうちょっと拡大。総苞の中心に、小さい花が何個も集まっているのがよく分かります。

この地味な花だけだと目立たないので、外側の葉っぱが白やピンクに色を変えて花全体を目立たせるのがハナミズキの作戦。

 

この花が開くまでがまた面白い。

f:id:michi_kusa:20170422194927j:plain

こうして、4枚の総苞が上部でくっついている。

f:id:michi_kusa:20170422194936j:plain

それを上から見ると、こんな感じ。

f:id:michi_kusa:20170422194950j:plain

上部の合着が少しづつ離れていき

f:id:michi_kusa:20170422195002j:plain

4つに分かれたら、さらにそれぞれが開いていく。

f:id:michi_kusa:20170422195014j:plain

そして見慣れた姿に。ピンクの苞(←花じゃなくて。なんかややこしいですね…)の先が凹んでいるのは、多分それぞれが合着していた時のなごり。

いつか紹介しますが、よく似たヤマボウシの花との分かりやすい比較ポイントがこの苞の先の形。(ヤマボウシはすらっと尖る)

 

そして、頭の中で流れるのはもちろん一青窈の「ハナミズキ」。

 

薄紅色の可愛い君のね

果てない夢がちゃんと 終わりますように

君と好きな人が 百年続きますように

 

 

この歌が出たのは、確か僕が高校3年生のころ。

あの時は分からなかったけど、ハナミズキをちゃんと知ってからというもの、この歌の良さがグッと分かったような気がしました。

 

植物を知ると、良いことがたくさんあります。

 

ちなみに、このハナミズキが咲いていたのはこんな場所。

f:id:michi_kusa:20170422200434j:plain

僕以外だれもこんな場所に咲く花を見ている人はいなかったけど、僕としてはタダで芸術鑑賞をしている気持ち。

 

あぁ、今日も得したな。

ヤマブキの色を初めて知ったとき

「ヤマブキ」という植物をちゃんと知ったのは大学1年生のとき。

 

といっても、まちなかでも出会えるような植物は、ほとんど大学1年生のときに知ったのだけど。(この話はいつか改めて)

 

この花をはじめて見たときに真っ先に感じたのは、その美しさよりも「これが山吹色かぁ!」という合点だった。

 

もちろん山吹色がオレンジに近い色だということは知っていたけれど、本物のヤマブキは知らなかったので、はじめてこの花を見た時に、なるほど確かにオレンジ色ではないし、かといって黄色でもない。ふむふむ山吹色と言うしかないなと、いま思い返すとそんなに興奮することかしらと思うようなことを極めて真剣に面白く感じていた。

 

ヤマブキを知らなかったとき、僕の中の山吹色は想像上の色でしかなかったが、ヤマブキの花を見た瞬間、山吹色が実感を伴って自分の中に現れた。それがとても興味深かったのだと思う。

 

植物に限らず、そのものを知るということは、その対象を自分の世界に存在させるための第一歩なんだなと、いまはそのように理解している。

 

さてところで、ヤマブキの花。

f:id:michi_kusa:20170420200529j:plain

まちなかや庭で見るとボテッと咲いている印象があるが、野山では枝がすっと伸び風に揺られている様子をよく見かける。花色が派手だけど、わりに風流な花だと思う。

 

日本各地で見られる植物のうえ、目立つ花なので昔からよくヤマブキは歌に詠まれていたらしい。

 

こういう時は万葉集を引用することが多いのだけど、ネット検索をしていたら

 

桜散り 春のくれ行く物思ひも 忘られぬべき山吹の花

 

という歌を、藤原俊成が「玉葉集」で詠ったという情報が出てきた。1190年のことだそう。

 

桜が散って 春が終わる寂しさも ヤマブキの花が忘れさせてくれる

 

というような意味になるみたい。そう言われれば確かにヤマブキの花を見ると春の終わりを感じ、これから暖かくなるなぁと思う。

 

いまも昔も同じように植物を見ている人がいると思うと、不思議と気持ちも暖かくなる。

 

せっかくなので、ヤマブキのつぼみから花が咲くまでの様子を順番に観察。

f:id:michi_kusa:20170420200710j:plain

▲花芽のはじまり。まだ、がくが目立つ。

f:id:michi_kusa:20170420200718j:plain

▲がくが開いて、山吹色の花弁が綺麗に巻いているのが分かる。

f:id:michi_kusa:20170420200726j:plain

▲これがすこしづつほどけて

f:id:michi_kusa:20170420200734j:plain

▲ふくらんでいき

f:id:michi_kusa:20170420200743j:plain

▲あともう一歩で・・・

f:id:michi_kusa:20170420200752j:plain

▲こうして開いていきました。

 

この花が散るころには、いよいよ初夏に突入。それにしても目まぐるしい季節だな。

ケヤキの芽吹き 春の謎解き

色々な植物が動き出す春は、ほんの少し目を離すと一気に夏の装いに衣替えしてしまうので、春を追う者にとっては大忙しの季節。

 

この一瞬を逃さぬよう、今日も引き続き芽吹きの様子をご紹介します。

 

冬の樹木観察をしているときに、「冬芽の中には、はっぱだけでなく、その年に成長するための茎も一緒に入っているんですよ」と説明するのですが、硬い冬芽の様子からは、その中身を想像することは難しく、なかなか伝わりにくいなとずっと思っていました。

 

ですが、この春に色々な芽吹きの様子を観察していて、むしろそれが分かりやすいのは寒い季節じゃなくて、暖かくなってきた今なんだと気が付きました。

 

この時期に、ケヤキの樹の枝を覗いてみるとほら!

f:id:michi_kusa:20170418145012j:plain

▲硬かった冬芽が緩んで、中から葉らしきものと茎らしきものが顔を覗かせています。

 

ならばと、冬芽から春の芽吹きの様子を順番に探してみると

f:id:michi_kusa:20170418145439j:plain

▲これが、ケヤキの冬芽が少し大きくなってきたところ。

f:id:michi_kusa:20170418145517j:plain

▲少しづつほころんできて

f:id:michi_kusa:20170418145558j:plain

▲だんだん伸びてきます。

f:id:michi_kusa:20170418145012j:plain

▲これくらいほころぶと、冬芽の中に葉と茎が一緒に入っていることがなんとなく分かってきて

f:id:michi_kusa:20170418150427j:plain

▲徐々に冬芽の中身が明らかになってきます。

f:id:michi_kusa:20170418150444j:plain

▲長いものはこれくらい伸びていました。

f:id:michi_kusa:20170418150458j:plain

▲最終的にはここまで。

これでようやく見慣れたケヤキの葉の様子になりました。(これはちょっと短いですね)

 

この一連の流れを見れば、一つの冬芽の中にその年に成長する葉と茎がそっくり入っていることが分かるでしょうか。

 

冬の間に、うーんこれは何だろうと思っていたことが、暖かくなって突然分かることがあるので、春って謎解きみたいで楽しいなと思います。

 

こうした様子も年に一度しか見ることが出来ないので、早くも来年の春が恋しくなってきているこの頃です。

イチョウのはっぱの赤ちゃん

とにもかくにも心が躍る春。

 

きっとその気持ちは植物も同様で、この季節は植物だってたくさんのスタートを切っています。

f:id:michi_kusa:20170416202051j:plain

ふと見上げればこのように。春に誕生したイチョウのはっぱの赤ちゃんのお出ましです。

f:id:michi_kusa:20170416202126j:plain

暖かくなって、ちょこっと膨らんだイチョウの冬芽。

f:id:michi_kusa:20170416202205j:plain

縦に少し長くなったその先で…

f:id:michi_kusa:20170416202244j:plain

ぴょこっとイチョウのはっぱの赤ちゃんが顔を出してきます。

f:id:michi_kusa:20170416202327j:plain

小さくたってイチョウの葉の形をしています。

f:id:michi_kusa:20170416202419j:plain

一つ顔を出せば、あとは我も続けとばかりに続々と

f:id:michi_kusa:20170416202441j:plain

次々出てくるイチョウのはっぱの赤ちゃんたち。

f:id:michi_kusa:20170416202455j:plain

あなたたち、あのつぼみの中にこんなにたくさんいたのね…。

f:id:michi_kusa:20170416202513j:plain

そして、一気に大人の姿へ成長を遂げていきます。

イチョウのこんな姿も、春のほんのひと時しか見られない貴重な瞬間。

f:id:michi_kusa:20170416203227j:plain

つぼみを上から見ると、こんな様子。力強い春のエネルギー。

 

寒い間は極力動かずに力を貯めて、春になったら一気にスタートを切るイチョウの作戦。

 

あたたかくなってきたから、僕もそろそろ動き出さないとな。

ドウダンツツジの咲くところ

夜の風を暖かく感じると、今年も季節がめぐったことを実感する。

 

ハクモクレンやウメが路上で真っ先に咲き、その少しあとにソメイヨシノが見事な花を咲かせると、ごく個人的に「そろそろかな?」と楽しみにしていることがある。

 

それが、ドウダンツツジの花が咲くところ。

 

まちを歩いていて、何だかそこだけ白くなっているなぁという垣根があったら、それがドウダンツツジの花が咲くところ。

f:id:michi_kusa:20170415192634j:plain

f:id:michi_kusa:20170415192725j:plain

これを見つけたらしめたもの。予定は脇に置き、ぐいっと近寄ってみる。

f:id:michi_kusa:20170415192925j:plain

これが、ドウダンツツジの冬芽。

f:id:michi_kusa:20170415192928j:plain

春になると、この冬芽が少しづつ大きくなっていき

f:id:michi_kusa:20170415192930j:plain

ポコンっと花のつぼみが顔を出してくる。

f:id:michi_kusa:20170415192933j:plain

花のつぼみはたくさん入っていて

f:id:michi_kusa:20170415192935j:plain

次から次へと顔を出す。

f:id:michi_kusa:20170415192937j:plain

花のつぼみと一緒に葉っぱの赤ちゃんも一緒に出てくると

f:id:michi_kusa:20170415192939j:plain

こうして可愛らしい花がその姿を見せてくれる。

 

ドウダンツツジは漢字だと「満天星躑躅」や「燈台躑躅」と書かれるが、春にきらめく星のようだから、僕は「満点星躑躅」の方が好きだな。

 

一瞬で来て一瞬で去っていく春は掴みどころがない。

 

いまかな?と思ってぼんやりしていると、次の日にはすっかり夏の気配が近づいてきていて、掴めないままに春は去っていく。

 

ドウダンツツジの咲く様子を見ていると、「そうか、春っていうのはこうしてこぼれていくものなんだな。」と思う。

 

今年も春がこぼれてきた。ぽろぽろと落ちてきた。

 

どうせ今年も掴むことが出来ないから、次のチャンスはまた来年。

 

春になると色々なことを思い出すのは、きっと自分の中にも掴みきれていない気持ちがたくさんあって、春になるとひょっこり顔を出すからだと思う。

 

やっぱり春は気持ちがいい。