いまここで会える自然

植物初心者でも、街中で楽しめる植物を紹介するブログ

ギブ&ギブにも関わらず、ちゃっかり利益を出すヤツデの戦略

寒い寒いと呟きながら家を出ると、いつの間にやらニョキっと顔を出していたヤツデの花。

f:id:michi_kusa:20171116183423j:plain

▲もうこの季節かぁ。そういえばすっかり寒いもんな。

 

玄関先でいつも素通りしている植物だけど、この時期ばっかりは自然とその足を止めてしまいます。

f:id:michi_kusa:20171116183847j:plain

▲なんてったってほらこの花の形。なかなか面白くないですか。

f:id:michi_kusa:20171116184005j:plain

▲花をアップにすると、小さな花がたくさん集まって丸いボンボンに見えていることが分かります。うぅむ、この花も不思議な形だ。

 

まだ僕が植物駆け出しだったころ、「よく分からない植物は虫の目線で見てみなさい」と教わったことがあり、これを聞いてから、結構色々なことに気が付くようになりました。

f:id:michi_kusa:20171116184333j:plain

▲まず、虫目線になってみるとヤツデの花は5本のおしべがバンザイをしたユニークな形をしていることが分かります。

f:id:michi_kusa:20171116184537j:plain

▲さらに近寄ると、花の底からたくさん蜜が出ているのが見えてきました。

 

綺麗だなぁと人は思うけど、きっと虫にとっては美味そう!と見えるのだと想像します。

 

冬は、他に咲く花が少なくなるので、ハエやアブなどの訪花昆虫にとってヤツデの花はとっても有り難い食糧源。

f:id:michi_kusa:20171116185238j:plain

▲逆にヤツデからしてみれば、他にライバルが少ない冬にあえて花を咲かせることで、訪花昆虫を独り占めできるというウィンウィンの関係を築いているみたい。

 

ちなみに、ヤツデの花は「雄性先熟」といって、一つの花の中で時間差で雄から雌に性転換をしていきます。

f:id:michi_kusa:20171116190351j:plain

 ▲これが「雌花」になった時のようす。

f:id:michi_kusa:20171116190551j:plain

▲はじめに写真を上げたこれは「雄花」の時期でした。形が全然違いますよね。

 

この話も面白いんだけど、長くなるので今回は割愛します。

 

一つの花の中で、時間差で性を変える植物の話は、前に何度か紹介しているので、気になる方はこちらをご覧ください。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

さて、 今回は虫の目線になってみるという話なので、もう少し続けてみます。

 

ヤツデの花が咲く時期は、あたりの冷え込みが厳しくなってくる季節。

 

ハエやアブは寒さに強いと聞きますが(ちょっと虫のことちゃんと分かっていませんが…)、それでもやっぱり寒ければ動きは鈍くなります。

 

そこでなんと、ハエやアブはヤツデの蜜を舐めるかたわら、ヤツデの葉の上で日向ぼっこをして体を暖めているのだとか!

 

これじつは本で得た知識なのですが、読んだ時は本当かな?と疑ってたんです。そんなに暖かくなるかなぁ、ヤツデの葉っぱって。

 

なんて思っていたら・・・

f:id:michi_kusa:20171116191408j:plain

▲見えますでしょうか。よく見るとハエが3匹止まっています。えっ、これがまさかの日向ぼっこ…?

 

これを見て、そういえば!と思い出したんです。冬になると、家を出るときに何故かハエがたくさん飛ぶときがあることを。

 

なんでだろう、別にハエが来るような生活してるわけじゃないのにな、と思っていたんですが、その後の観察により、玄関を開けた時に舞っているハエは大体ヤツデから飛んできていることが判明。

 

ハエがヤツデの葉っぱで日向ぼっこ説、これどうも本当みたいです。

 

そうなってくると、このヤツデの厚くつやつやした葉っぱがなんとなく暖かいような気がしてきます。これいつか実際に温度測定してみたいなぁ。

 

蜜をあげるだけでなく暖かさまで提供するなんて、なんて至れり尽くせりなのかしら!と、相手を感動させつつ、じつはちゃっかり花粉を運んでもらっているというヤツデの戦略。その見事なビジネス手腕には脱帽です。 

f:id:michi_kusa:20171116192423j:plain

▲ヤツデ全貌。どこにでも生えているので、探せばすぐに見つかるはず。

 

ちなみに、ヤツデは新芽の時期も面白い姿をしています。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

わざわざ虫にならず、人の視線でだって十分に楽しい植物。

 

よし、僕もこれからヤツデの戦略でもって世間の荒波を乗りこなしていくゾ。

落ち葉の中に隠されたケヤキの作戦

もう11月も中盤。あぁ今年のうちにあれもこれもしないといけないことばっかりだ。

 

と、焦りながらも時は待ってくれず、すっかり秋も深くなってきました。

f:id:michi_kusa:20171112190739j:plain

▲足元を見ると、ほらこんなに落ち葉が。

 

もうこんな季節かぁ、じゃあそろそろあれがあるかもな。

 

と、落ち葉をゴソゴソと探ってみるとー

f:id:michi_kusa:20171112191103j:plain

▲やっぱりあった!

 

ふふ、これ好きなんだよな。と、言っても一体なんのことだか…という方が多いと思うので、この葉っぱの正体を遠くから見てみましょう。

f:id:michi_kusa:20171112191302j:plain

▲正解はこれ。すっかり秋モードの「ケヤキ」から落ちてきた葉っぱでした。

 

ケヤキの木は、周りにさえぎるものがない場所で育つとこうして悠々と枝を広げます。

 

この立ち姿、まさに樹木の王道!という雰囲気で僕はとっても好きです。

 

さて、僕がこのケヤキの落ち葉のときめいている理由。それは、さきほどの写真の葉っぱにくっついているおまけにあります。

f:id:michi_kusa:20171112191954j:plain

▲葉っぱの付け根に注目。これ、じつはケヤキの種なんです。

f:id:michi_kusa:20171112192111j:plain

ケヤキの枝先をよく見ると、2種類の葉っぱがあります。

 

上のまだ黄色く大きな葉っぱは、種がついていない葉っぱで一枚一枚散っていくもの。

 

そして、下に垂れ下がり小さな葉っぱが何枚もくっついているもの。こちらには種がついています。

f:id:michi_kusa:20171112192341j:plain

▲その、種がついた葉っぱが落ちたのがこの写真でした。

 

自ら動くことが出来ない植物は、何らかの方法で種を遠くに飛ばそうとします。鳥や動物に食べてもらって種を遠くまで運んでもらうものがいれば、くっつき虫のように動物の体にくっついて分布を広げるものもいて、その方法は植物によって千差万別。

 

ケヤキは、種と葉っぱを一緒に落とすことにより、「風にのって遠くまで運ぶ作戦」をとっているというわけです。

 

確かにケヤキの種を見てみると、こんなところに種をつけていたの?と思うほど目立たないし、その形もいたってシンプル。

 

目立つ色をつけたり、何かにくっつく付属部分を作るわけでもなく、余計なことはせず葉っぱと一緒に風に乗ろうとしたのがケヤキの方法みたいです。

 

写真では表現できませんが、確かのこの葉っぱと種、風にのってゆっくり落ちてきます。

 

それぞれの植物に、それぞれの方法がある。多様さの意義を言葉にするのは僕には相変わらず難しいけれど、多様って面白いなということだけは素直に言うことができます。

 

そういえば、ケヤキのことは春にも一回書いたんだった。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

なんだか本当につい最近の気がするけど、ケヤキが芽吹いてきたのはもう7か月も前のことだったんだなぁ。植物はちゃんと季節を分かっていて凄いや。

 

ちなみに、いつもブログの写真は比較的ちゃんとしたカメラで撮ってきましたが、これはスマホのカメラで撮った写真がほとんど。普段はしない色補正もしちゃいました。

 

最近のスマホも凄い。結構これで十分ですね。

透かせば綺麗なトウネズミモチ

今日は僕が好きな樹木の葉っぱをご紹介します。

f:id:michi_kusa:20171108004214j:plain
▲これです。

 

どうでしょうか、この教科書通りの色形。個性もなにもあったものじゃない恐るべき普通さです。

 

その名も『トウネズミモチ』!

 

…名前まで覚えにくいという、まさしく植物入門者泣かせのこの葉っぱ。

f:id:michi_kusa:20171108183617j:plain

▲しかもこの見た目です。近くに生えてても覚える気は起きませんよね。

 

しかし、しかしです。

 

そんな普通を絵にかいたようなトウネズミモチにも光輝く瞬間があるのです。

 

それが、この葉っぱを光に透かして見たとき。

f:id:michi_kusa:20171108183844j:plain

▲どうでしょう!伝わりますでしょうかこの透過光の美しさ!

f:id:michi_kusa:20171108183910j:plain

▲透ける葉脈、白く浮き出た縁取り。

 

クラスの地味な子が、眼鏡を外したら美人だったみたいな、ギャップで勝負するタイプの葉っぱなんです。

 

あぁ伝わるかなぁ、この美しさ。ほかの葉っぱはこうはならないんですよ。

 

ちょっと比較してみましょう。

f:id:michi_kusa:20171108184108j:plain

▲左がトウネズミモチで、右がネズミモチの葉っぱ。

 

名前がややこしい上に、判別が難しいこの葉っぱを並べて透かしてみます。 

f:id:michi_kusa:20171108184552j:plain

▲ほら!どちらがトウネズミモチか一目瞭然ですね。透けている下の葉っぱがトウネズミモチです。

 

ううん、伝わるかなぁこれ…。とにかく本当に綺麗なんです。これこそ実際に見てみていただきたいなと思います。

 

そこで、でもこんな樹木見たことないよという方に朗報(とも言えないのですが。。。)。

 

じつはこのトウネズミモチ、かつて中国からやってきてから、日本でとっても急速かつ広範に分布を広げたので、ほとんどの確率で皆さんのお住まいの近くに生えています。

 

これかな?と思うものの葉っぱを透かして探していけば、必ずや出会うことが出来るでしょう。

 

ただし、「わーい透けてて綺麗ー!」なんて呑気に楽しんでばかりもいられないのが、この樹木の一筋縄ではいかないところ。

 

トウネズミモチは、かつて環境省要注意外来生物リストに載っていたほど(いまはこのリスト自体が廃止されているそうです)の植物で、本当は日本の生態系への影響などをちゃんと考えないといけない樹木なんです。そもそもトウネズミモチの「トウ」は『透』ではなく、『唐』のことなのだとか。

 

まったくもう、地味だし綺麗だし要注意だし。なかなか忙しい樹木だな。

 

あまり増えるのも困りものだけど、こういう一見なんてことはないのに、知れば知るほど色々な話が出てくるこの感じは、植物の面白さが詰まっているように僕は感じます。

 

面白いことや考えないといけないことは、わりと近くに転がっているもの。そういうものを拾って集めれば、近くで十分楽しめちゃうなと思います。

コミカンソウの花がこんなに綺麗だったとは

ようやく晴れたのに遠出が出来ないそんな時は、近くの道端にかがみこむ。

(きっと何かあるはずだ・・・。)

f:id:michi_kusa:20171027195851j:plain

▲やややっ、コミカンソウ発見!

 

特別珍しい植物でも無いけれど、この植物もよく見るととても美しい。

f:id:michi_kusa:20171027195939j:plain

▲小さいミカンみたいな実がつく草だからコミカンソウ。

f:id:michi_kusa:20171027200127j:plain

▲なかなか風情があります。

 

どこにでも生えているこの植物。いったいどれくらいどこにでも生えているのかというと

f:id:michi_kusa:20171027200341j:plain

▲こんな路地の隙間に、ざっと数えて60株ほども!

 

そんなにあるのに、どうしてあまり見ないのかしらと疑問に思うけど、それもそのはず。

f:id:michi_kusa:20171027200729j:plain

▲この実、こんなに小さいんです。(自分の指の大きさを見て、想像してみてください)

 

改めて一番はじめに載せた写真を見てみましょう。

f:id:michi_kusa:20171027195851j:plain

▲これで大体、高さ25センチくらいだったかな。

 

いくらありふれていると言ったって、地面すれすれに顔を寄せ、目を細めてようやく見られる大きさなんですね。

f:id:michi_kusa:20171027201124j:plain

▲写真を撮るのも一苦労です。

 

せっかくだしな、と思って毎度恒例もうちょっと細かく見てみるシリーズやってみることにしました。

f:id:michi_kusa:20171027201249j:plain

▲葉っぱを裏返して見てみます。

 

ふむふむ、なにやら実の両脇に細かい粒々があるぞ。

f:id:michi_kusa:20171027201419j:plain

▲こっ、これは!

f:id:michi_kusa:20171027201449j:plain

▲真ん中から出て来ているこの形状は柱頭に違いない。となるとこいつは雌花!

 

凄い、およそ1ミリくらいの小さな花が、こんなに綺麗だったなんて…。今まで近くを通り過ぎていた僕は何と愚かだったのだろうか…。

 

そしたら雄花は?雄花もあるはずだっ!

f:id:michi_kusa:20171027201802j:plain

▲・・・?こ、これか?どう見てももう花の終わりの状態だ。

 

慌ててコミカンソウの花の時期を調べてみると、どうも6月~10月と比較的長い期間咲いているみたい。しかし、今日はと言えば、もう10月も終わりにさしかかる頃。花を見つけるには少し遅かった・・・。残念、また来年だ。

 

しかし、コミカンソウの雌花がこんなにも綺麗だったなんて、今日はとても良いことを知ったなぁ。

 

昔の人も、こんなに小さな草の実を見てミカンみたいだ!と思ったというのだからそれも凄いなと思います。やっぱり屈みこんで見ていたのかなぁ。

f:id:michi_kusa:20171027202424j:plain

▲なんてことのない小さな隙間に、自然の美しさを発見することは植物観察の醍醐味。

 

ありふれていて、地味なのに美しいコミカンソウ。

 

おぉい、そこの道行く方々やぁい。これ素通りしたら勿体ないよぉ。

キンモクセイの香りが切ない理由

通りを歩いていると、足元にオレンジ色のつぶつぶが落ちていました。

f:id:michi_kusa:20171019003307j:plain

▲なんだろうかと近寄れば、たくさんのキンモクセイの花。

 

あぁ今年ももう終わりかぁ。秋の訪れとともに咲き、冬の予感を漂わせながら散っていくキンモクセイ

f:id:michi_kusa:20171019003432j:plain

▲数日前の花盛りの時。その独特の良い香りから、この花を好きな人も多いと思います。

 

ですがこの香り、どことなく切なさを含んでいるようには感じませんでしょうか?植物学的には全く正しくありませんが、今日はキンモクセイのそんな話を一つお届けします。

 

キンモクセイは、その木にこれでもかという程たくさんの花を咲かせますが、その「実」を見たことがある人はほとんどいないはずです。どうしてでしょうか。

 

その答えは簡単で、じつは日本にあるキンモクセイは全て男性の木だからなのです。

キンモクセイは「雌雄異株」といい、「男性の木」と「女性の木」とに分かれている樹木。日本には、中国から海を越えて運ばれてきました。

 

江戸時代の人が、よく香る花がたくさん咲く「男性の木」を気に入り、それだけを育て増やしてきた結果、日本には男性の木だけが広がったのだと言われています。

 

男性の木の花がよい香りを発するのは、虫などを誘って花粉を運んでもらい、女性の木の花と受粉して子孫を残すため。

しかし、日本には女性の木がいないので、いくら男性の木が花粉を出したところで、その受粉が成功することはありません。

 

そんなことも知らず日本のキンモクセイは自分のパートナーが見つかることを信じ、全力で良い香りアピールをし続けているというわけなのです。


どうでしょうか。人を心地よくさせるその香りが、じつは叶わぬ恋の香りなのかと思うと、ただでさえ物悲しい季節がさらに切なく感じられてきませんか。

  

この話を書こうと思い、どこかに日本のキンモクセイが男である証拠がないかなと探していたところ、簡単な所に見つかりました。

f:id:michi_kusa:20171019003518j:plain

▲花のアップ。花びらは根本でくっついて離れず、ちょうど「X」みたいな形をしています。こうして見ると意外に面白い。

f:id:michi_kusa:20171019003549j:plain

▲さらに近寄るとくっきり分かる2つの雄しべ。

 

日本のキンモクセイの花は全てこの作りをしています。おそらく女性の木は雌しべが目立つ花のつくりをしているはずですが、なにせ日本には男性しかいないので確かめるすべがありません(いつか見てみたいです)。

 

何百年もの果てない時間、決して届かぬ思いを懸命に飛ばし続けるキンモクセイの情熱と悲哀の香り。今年もその想いは遂げられることなく散っていくようです。

 

ううむ、やはり簡単に「良い香り~!」として喜んでばかりはいられないですね…。

 

今年もこれでいよいよ冬へと季節が変わっていきます。植物もぼちぼち冬支度をはじめているみたいですね。

カラスウリの実の中から出てくるものは

僕の中で勝手に決めている、面白い種子御三家というものがありまして、今年はその写真をちゃんと撮っておこうと決めておりました。

 

その1つ目がフウセンカズラ

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 ハートの形をした種がとってもキュートです。

 

2つ目が昨日紹介した、アオツヅラフジ。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 種からアンモナイトが出てきた時は本当にびっくりしました。

 

続いて3つ目が今日紹介するカラスウリ

f:id:michi_kusa:20171013193648j:plain

▲これです。種じゃなくてこの状態でも一際目を引くオレンジ色。

 

じつはこのカラスウリのことは、夏にも一度ご紹介しました。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 夏の夜に大胆に咲く白いレース状の花。これが僕は大好きで、夏は欠かさず見に行っています。

 

今日はこのカラスウリの花がその後どうなるのか見てみたいと思います。

f:id:michi_kusa:20171013193933j:plain

▲先ほどのオレンジ色の実をまずは真っ2つに割ってみます。(ちゃんと敷地の持ち主さんに許可取りました)

f:id:michi_kusa:20171013194037j:plain

▲見た目がまさしく瓜なので、意味は無いと思いつつ黒い皿に入れてみました。こんな感じで中身をさらっと取ることが出来ます。

f:id:michi_kusa:20171013194211j:plain

▲あんまり美味しそうではないですね…。こいつを水で洗って綺麗にしてみます。

 

すると、

f:id:michi_kusa:20171013194305j:plain

カラスウリの種のお目見えです。これ、何に見えますか?

f:id:michi_kusa:20171013194415j:plain

カラスウリの実1つに入っていた種、数えてみると42個!いっぱい入ってるんだなぁ。

 

さぁこのカラスウリの実、一体何に見えるでしょうか。

 

ある人は言いました。

f:id:michi_kusa:20171013195409j:plain

▲カマキリの頭だ!と。

 

そしてまたある人は言いました。

f:id:michi_kusa:20171013195627j:plain

▲結び文じゃないかしら。

 

なんていう風に、見る人によって様々なものに映る楽しい楽しいカラスウリの種。

 

この種を何に例えるのかは人それぞれの自由ですが、僕が推しているのは「打出の小槌」。日本昔話に出てくる、振れば金銀財宝が出てくるというあの打出の小槌です。

 

なぜこれを僕が推しているかというと、これを財布に入れて置くとお金が貯まるから・・・ではなくて、この種を1日、2日置いておくとこうして

f:id:michi_kusa:20171013200206j:plain

▲金色になるからなんです!何でこうなるのか分からなくていつも不思議なんですけどね。

 

面白いじゃないかカラスウリ。夏の花も素敵だし、秋も良い。サービス精神旺盛だな全く。

 

よし、これでちゃんと御三家の写真も撮ったことだし、今年はまた他に面白い種がないか探してみよう。

 

複雑な話ではなくて、形の面白さを純粋に楽しむというのも立派な植物観察。こういうところから植物を好きになれればいいのかなと思います。

 

しかし、3年前から打出の小槌を財布に入れているのになかなか効果が表れないのはどうしてなのでしょうか。

アオツヅラフジの中から出てくるアンモナイト

秋になったので、最近は果実や種を見るのを日々の楽しみにしています。場所は相変わらず近所ですけどね。

f:id:michi_kusa:20171013012502j:plain

▲今日はアオツヅラフジの実を発見!

f:id:michi_kusa:20171013012553j:plain

▲しめしめ、この実面白いから好きなんだよな。

f:id:michi_kusa:20171013012634j:plain

▲こうして青い実を潰してみると、中から出てくるのはゼリー状の果肉に包まれた種子。

 

いそいそとこれを洗ってみると…

f:id:michi_kusa:20171013012744j:plain

▲なんとアンモナイト!なんという造形!

f:id:michi_kusa:20171013012936j:plain

アンモナイトを3つ並べてみました。

 

本物は高いけど、これならすぐに手に入りますね。

 

これ、ぼく毎年毎年同じことして喜んでいるんだけど、今年もやっぱり同じようにビックリしてしまいました。本当にもう、自然恐るべしです。

 

なんでこんな形をしているんだろうか。見れば見るほど謎は深まるばかり。 

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

↑この前、フウセンカズラの種のことを紹介しましたが、アオツヅラフジもこの時期見逃せない植物の一つ。

 

なぜその形なのか意味は分からなくても、自然のデザインの多様さを垣間見ることが出来るので、植物の「種子」観察も結構おすすめです。

 

秋はなかなか楽しい季節。植物を見ていると、季節の変化に敏感になれるのがいいなと思っています。