いまここで会える自然

初心者向けの、街中で楽しめる植物観察会「まちの植物はともだち」を主宰しています。

美しいミョウガの花と、つぼみのつくり。

f:id:michi_kusa:20170921140743j:plain

▲いま、うちの庭でミョウガが花盛りです。

f:id:michi_kusa:20170921134308j:plain

▲秋ミョウガ取り放題の季節がやってきました。ミョウガは半日陰に植えておけば勝手に育つので楽ちんです。

 

ミョウガの美しい花をいち早く紹介したかったので、いきなり答えを出してしまいましたが、本当は「ミョウガは植物で言うとどこの部分を食べているでしょうか?」という問題を出したかったのでした。

f:id:michi_kusa:20170921135809j:plain

▲地面からひょっこり顔を出すミョウガの花。

f:id:michi_kusa:20170921134450j:plain

ミョウガの株の脇に、気が付くとこっそり出てきます。

f:id:michi_kusa:20170921134519j:plain

▲花を正面から。身近でよく知っている野菜なのに、意外とちゃんと見たことがない花の一つだと思います。

 

さて、この花が咲いているところを引っこ抜いてみると、どうなるでしょうか?

f:id:michi_kusa:20170921134548j:plain

▲これでばっちり分かりますね。私たちがよく知っているミョウガとは、花が咲く前の「つぼみ」のことだったのでした!

 

ミョウガの花は、親の株から地中を通る茎によって少し離れた場所に突然顔を出してきます。(上の写真で、ミョウガの下に少し土がついた部分が地下茎の一部分)

 

ちょっと面白いので、料理に使うついでに分解してみました。

f:id:michi_kusa:20170921134608j:plain

▲まず、一番外側の苞をはがしてみます。思っていた以上に花柄が長い。

f:id:michi_kusa:20170921134633j:plain

▲続いて、さらに何枚か苞をはがすと、また別の花のつぼみが出てきました。

 

こうして苞葉を順番に剥いていくと、面白いことが分かりました。

f:id:michi_kusa:20170921134652j:plain

▲じゃん!上段が花のつぼみで、下段がそれを覆っていた苞葉。

一番右の棒みたいなものは、つぼみと苞葉が全て取り去られたあとに残った部分です。

 

ミョウガの「つぼみ」と一口に言っても、中にはこんなにたくさんつぼみが控えていたんですね。ミョウガの花もなかなか侮れません。

f:id:michi_kusa:20170921135006j:plain

▲でも、これどんな花のつくりをしているのだろう。ということで、最後にちょっとだけ花の細部も見てみることにしました。

 

上の写真の花の中心部に、奥から手前に向けて一本ひょろっと伸びる部分が見えますでしょうか。

f:id:michi_kusa:20170921135138j:plain

▲そこの部分をアップしたのがこちら。左にある膨らみが雄しべで、右にある先っぽの部分が雌しべなのだとか。

f:id:michi_kusa:20170921135344j:plain

▲雄しべのアップ。あっ、花粉があった!

f:id:michi_kusa:20170921135433j:plain

▲そうこしている内に、雌しべが離れました。(右側の白い紐のようなもの)

雄しべと雌しべは一体化しているわけではなく、やはり別々で作られているみたい。

 

なるほど、こんなつくりになっているのかミョウガの花は。

 

食べて美味しく、見て楽しい。野菜の観察もなかなかおススメです。

ミズヒキの花とつぼみと若い果実 -植物を面白がるコツー

今日は、僕が推奨している「植物を一人で勝手に楽しむ方法」とはどういうものなのかという話を一つ。

f:id:michi_kusa:20170916192225j:plain

▲こういう花、見たことありますか?

f:id:michi_kusa:20170916192243j:plain

細くて長い花穂に多数の赤い花がつく、「ミズヒキ」です。これも、この時期に近くでよく見る花の一つ。

 

僕が植物入門者だったころ、「ミズヒキは、ご祝儀袋などに使う水引に似てるからこの名前がついているんだよ」と教わって、「そうなんですねぇ」と言っていたのですが、どこが水引に似ているのかまったく分からないまま時が過ぎていきました。

f:id:michi_kusa:20170916192356j:plain

▲水引って、この紅白のこれですからね。花穂が細長いところが、水引の糸みたいだからということなのかしら。何だかしっくりこないなぁと。

 

しばらくして、僕が花をちゃんと見るようになってから、この謎が解ける日がやってきました。

f:id:michi_kusa:20170916192647j:plain

▲これがミズヒキの花。これにさらに近づいてみると

f:id:michi_kusa:20170916192712j:plain

▲4枚ある花被片のうち、上3枚は「赤」く、下の1枚だけ「白」。

f:id:michi_kusa:20170916192732j:plain

▲なるほどぉ!この姿を水引の紅白に例えたのか。これなら納得!!

 

しかし、こんなに小さい花のことを昔の人はしっかりと見ていたのかと思うと、その観察眼の凄さに溜息が漏れてしまいます。

 

こんな感じで、ずっと疑問に思っていたことが氷解する瞬間が植物を見ているとよくあります。

 

一つ知ったら、また次の疑問が出てくるのがこの世界。植物が一生の趣味になる理由もここにあるのでしょう。

 

ということで、いまの僕のミズヒキに対する疑問。

f:id:michi_kusa:20170916193025j:plain

▲よく見かけるこの状態はミズヒキの「つぼみ」なのか、花が終わった後で「果実」になっていく時の姿なのか。どちらだろう。

 

せっかくなので、この謎を解決してみることにしました。

f:id:michi_kusa:20170916193155j:plain

 ▲解決方法は簡単。この状態のものを一つ失敬して、中を開けてみます。

f:id:michi_kusa:20170916193237j:plain

 ▲中から出てきたのは、若い種子!

ということは、やはりこれは花が終わった後の姿だったのだな。

 

となると、つぼみはどれなんだろう。と探してみると。

f:id:michi_kusa:20170916193412j:plain

▲ありました!つぼみを見てみると、見ただけでこれがつぼみだなと理解できるので不思議。

 

このようにして、僕は本日ミズヒキに対する疑問を2つも解消してしまったのでした。

 

誰かに褒められるもんでもないし、自分でただ遊んでいるだけなんだけど、植物の楽しさってこれじゃないかなと思うんです。

 

まず名前を知って、それからその生き方を知る。そして答え合わせは自分で勝手に確かめる。

 

意外と簡単です。だってこれが「つぼみ」か「果実」かを知りたければ、一つ取ってきて外側を剥いてみればいいのだから。

 

一回コツを掴めばきっと楽しめるようになります。まずは近くでミズヒキの花、探してみてください。

砂粒のような種がぎっしり詰まっているヤブミョウガ

前回は、ぬばたまの黒い実(ヒオウギ)をご紹介しました。

 

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

これを書きながら、黒い実といえばそろそろあれだな。と思いだし、早速近所を散策。

f:id:michi_kusa:20170915171717j:plain

▲あったあった。ヤブミョウガ

ミョウガの葉っぱに似ていて、藪に生えることからヤブミョウガ

 

これまた世間での認知度は低そうだけど、特に珍しい植物ではなく、近所の公園などで普通に見られます。

 

地味だけど、僕はこの植物が気に入っていて、こうして実の季節になるとよく目の端でヤブミョウガを探しています。

f:id:michi_kusa:20170915172024j:plain

▲これが、ヤブミョウガの黒い実。

f:id:michi_kusa:20170915172059j:plain

▲はじめは白いものが、だんだん黒くなるみたい。

f:id:michi_kusa:20170915172148j:plain

▲ちなみに、7月くらいに見るとこんな花が咲いています。

 

さて、地味丸出しのこの植物を僕がなぜ気に入っているのかというと、この実の中身に理由があります。

f:id:michi_kusa:20170915173312j:plain

ヤブミョウガの黒い実を一つ失敬して。

f:id:michi_kusa:20170915173353j:plain

▲中身を出してみてびっくり。砂粒みたいな種がたくさん!

f:id:michi_kusa:20170915173455j:plain

▲この実の中には、1ミリ程度の大きさの種が18個も入っていました。

f:id:michi_kusa:20170915174345j:plain

▲それにしてもこの形。種とは思えない造形です。

 

この種を見るのが楽しくて、毎年この時期になるとヤブミョウガを探してしまいます。

 

それにしても、あの小さな実のなかによくこんなにも多くの種が入っているもんだ。と、実の表面を慎重に剥いてみると

f:id:michi_kusa:20170915180629j:plain

▲なんと上手に種が収まってること!

 

そうか、なるほど。

f:id:michi_kusa:20170915180715j:plain

▲種には凹凸があって、どうも裏表があるみたいなんだけど、これはきっと小さい実の中で凹凸が重なり合ってコンパクトにまとまるためにこうなっているのだろう。

 

ヤブミョウガの種を見ると、自然は結構合理的に出来ているんだなぁということを感じます。

 

やっぱり面白い、ヤブミョウガ

「ぬばたま」と呼ばれるヒオウギの実

この一つ前のブログで私的な事を書いてしまいましたが、気を取り直して植物の話を。これからも楽しく植物を見ていきたいと思っています。

 

さて、前回さらっとヒオウギの実の写真を出しました。

f:id:michi_kusa:20170909095023j:plain
▲この写真です。

ヒオウギの実」と聞いて、「あっ、ヌバタマでしょ?」とすぐに連想できる方が多い世界に、私は今まで所属しておりました。

 

ところが、あたりを見渡してみると、世間一般では「ヒオウギ」も「ヌバタマ」もそんなに馴染みのある植物ではないと思うんです。残念ながら。

f:id:michi_kusa:20170914010347j:plain

ヒオウギの花。これは大体7月~8月頃に咲きます。

その美しさゆえ、園芸植物として庭で育てている人も多いようです。

f:id:michi_kusa:20170914010419j:plain

▲名前の由来は葉っぱ。檜扇という、ヒノキを使った扇子に形が似ていることから。

 

とっても綺麗な花なので、もう少し知名度が上がってもいいのにな。と思う植物の一つですが、ひねくれ者の僕が今回ご紹介するのは花ではなく「実」です。

f:id:michi_kusa:20170914010443j:plain

▲それがこれ。

f:id:michi_kusa:20170909095023j:plain

どうでしょうか。美しいと思いませんか。不思議と引き込まれるものがありますよね。

 

なんて、同級生に話そうもんなら、すぐに変わりもの扱いを受けてしまいそうですが、このヒオウギの実は万葉集では「ぬばたま」と表現され、枕詞として多くの歌に登場するのだといいます。(この植物に何か惹かれるものを感じてしまうのは僕だけではないということです。)

 

なぜヒオウギの実のことを「ぬばたま」と言うのかについては諸説あるようなので今回触れませんが、枕詞として「ぬばたま」は「夜」や「黒」といった言葉にかかります。

 

要するに万葉の時代の人々は、ヒオウギの実を見て、暗闇や黒髪といったものを形容しようと思ったというわけです。

 

こういうのを良いなぁと僕は思うんですよね。「鉛筆の芯のような黒」だといまいちだけど、「ヒオウギの実のような黒」というと何だかこう風流じゃないですか。

 

そして、本当に植物が身近な存在だったのだなぁと改めて思うんですね。

 

せっかくなので、何首かご紹介。

 

ぬばたまの 夜渡る月の さやけくは よく見てましを 君が姿を

 (暗い夜に渡る月が明るく輝いていたら、 あの人の姿をよく見ることができたのに)

 

 

ぬばたまの 夜霧の立ちて おほほしく 照れる月夜の 見れば悲しさ

(暗い夜霧がたちこめて、おぼろげな月を見ると物悲しくなるものだ)

f:id:michi_kusa:20170914011308j:plain

自らの感情や身近な現象を、近くの植物を用いて表現していた万葉の時代の方々。いまから思うと羨ましく感じてしまいます。

 

共通言語として植物があった時代に、現代ももう少し近づけたらなぁ。

退職いたしました。これまで関わりのあった全ての方に感謝します。

夏真っ盛りの日本から抜け出して、少しだけ長い旅行に出ていたため更新が滞ってしまいました。

 

帰国したらすでに漂いはじめていた秋の気配。季節の変化に備えて植物も準備をはじめているように見えます。こうして季節が巡ることが自然の理なら、人間だって同じようなもの。時間の経過とともに様々な環境の変化が訪れるようです。

 

7年弱の間、楽しく働かせていただいた仕事を、昨日退社いたしました。雑多な手続きを済ませ、本日より無職です。

 

じつはこのブログをはじめた理由は、この日に皆さんにご挨拶を出来る手段を持っていたいというのが最大の目的でした。

 

自分の退職が決まってから、予想以上に多くの方からご連絡をいただきました。激励もあれば、なかにはお叱りをいただくこともあり、その全てを有り難く頂戴いたしました。多くの皆様に支えられて仕事を続けてくることが出来たのだなということを改めて実感しました。本当にどうもありがとうございます。

 

仕事に対しての思いや情熱は、勤めていた間ずっと変わることなく、むしろ日を追う毎に増しておりました。私は、なにか目立った取り得のある人間ではありませんが、一つ一つ手を抜かず、常に真摯に仕事に取り組んできたということだけは自信を持って言うことができます。仕事はとても楽しかったです。

 

学生のころから植物の世界にはずっとタッチし続けていましたが、日本の自然をしっかり理解しようと思うようになったのはこの仕事を始めてからのことです。玄関を出てすぐの場所に生えている草花の名前さえ知らない自分に驚き、日本中いたるところに多種多様な植物が存在していることに感激し、ある程度植物の名前が分かるようになってからは、自然の中に行かずともただ町を歩いているだけで楽しくなりました。悩んでいるとき、気持ちが沈んでいる時には、常にその姿を変えながら色々な手段を用いて生き続けている植物を見て勇気をもらうようにもなりました。

 

なにより一番うれしかったのは、同じく植物を愛してやまない皆様と出会えたことです。本来であれば私自身が自信をもって皆様をご案内しないといけない立場だったにも関わらず、右も左も分からない私に植物および自然のことを惜しみなく教えてくれた皆様に本当に感謝しています。知識が増えてきて、皆さんと植物の話で盛り上がることが出来るようになった時には、もしかしたら僕もちょっとこの世界に仲間入り出来たかもしれないと、嬉しくなったものです。

 

自然のことだけでなく、私生活面でも様々な心配をしていただき、人生相談にもたくさんのっていただきました。植物を通して繋がれる関係には他にはない心地よさを感じていました。

 

世界から見れば日本は小さいかも知れませんが、植物を通して見る日本はとても大きい国であることも知りました。南北に長く、海岸から高山まで多様な環境を有し、さらに四季の変化がある日本は、植物の多様性を確保するのにとても恵まれた国であるため、日本の植物を知るだけでも一生かかってしまうことや、それぞれの環境に適応するために様々な戦略を持ち多様な形を持つようになった植物の進化や生き方の面白さを日本でたくさん観察することが出来ることを、この身をもって知ることが出来ました。

 

まだまだ多くの植物を見てみたいですし、身近な植物でも知らなかった一面をこれかも探していきたいと思っています。仕事を離れても、植物は自分の人生のテーマの一つになることと思います。人生の早い段階で、そういう一生ものの出会いをすることが出来たことに感謝しています。

 

いただいたお電話やお手紙の中で、これからどうするの?というご連絡が多かったですが、全くの白紙というわけではありません。未定なことが多いですが、色々とプランを持っています。無職のままでいるわけではないのでどうぞご安心ください。新しい人生にとてもワクワクしています。

 

これからのことには不安を持っていないのですが、皆さんと連絡を取れなくなってしまうことにだけは寂しさを感じています。これでもう会社には行くことはありませんので、皆さんの連絡先も分かりません。植物の世界にどれだけいられるかは分かりませんが、これからは私も一人の植物好きに戻ります。もしこのブログをお読みの方で、これからも私と植物仲間としてお付き合いいただける方がいらっしゃればご連絡をいただければとても嬉しいです。私と繋がっていて得なことがあるかどうかは分かりませんが、少なくともこれからも植物の情報交換くらいはすることができます。

 

このブログのコメント欄は、承認制にしているため私しか見ることが出来ません。安心してお書きこみください。あるいは suzuki_juju(♪)yahoo.co.jpにメールをいただければ、確認することができます。(←メールの宛先に打ちこむときは(♪)を@に変えてください)

 

また、これからもこのブログは続けていこうと思っています。連絡をいただかなくとも生存確認としてたまに見ていただければ幸いです。

 

自分にとっては人生で初めての職場でした。社会に出ることは想像していた以上に面白く、とても勉強になることばかりで、この仕事に出会えて本当に幸せだったと思っています。20代をそう思える仕事ととも過ごせたことに感謝でいっぱいです。これからどう生きていくにしても、この7年弱が自分の礎として残っていくことを確信しています。

 

いままでお付き合いいただいた皆様。本当にどうもありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。

 

鈴木純

 

追伸:ヒオウギの実が黒く熟しはじめました。

f:id:michi_kusa:20170909095023j:plain

ぬばたまの 夜の更けぬれば 久木生ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く

万葉集 巻六 九二五 山部赤人

 

植物を見て万葉集を調べるようになったのも、私にとっては大きな生活の変化です。

 

これから家の近所を散歩してきます。

世にも奇妙な冬虫夏草 カメムシタケとハチタケともう一種類

ついに見つけてしまいました。

 

3年前からあらゆる場所で探し続けていた日本の冬虫夏草

f:id:michi_kusa:20170812193636j:plain

▲これです。林床で全く目立たないので、見つけるのに3年もかかってしまいました。

 

えっ?これを探していたの?と思う方もいらっしゃると思いますが、今回のブログはこれからどんどんエスカレートしていきます。

 

人によっては気持ち悪いと感じる方もいると思いますので、虫の仲間やいわゆるゲテモノ系が苦手な方は、今回はここまでにすることをおすすめします。

 

怖いものみたさが勝る方は続きをどうぞ。

 

↓↓↓

 

冬虫夏草は地上部分だけ見ても何の話か分からないので、この赤い部分の地下を掘ってみます。(※今回は、某演習林にいましたのご心配なく)

f:id:michi_kusa:20170812194036j:plain

▲地中から出てきたのは、なんとカメムシ!推定ヒメハサミツノカメムシです。

f:id:michi_kusa:20170812194554j:plain

▲別角度から。どうもカメムシの右肩から赤い棒のようなものが出ているようす。

f:id:michi_kusa:20170812194324j:plain

▲この部分。

 

冬虫夏草とは、昆虫ではなくキノコのこと。

 

昆虫に寄生したキノコが、虫の体を養分にして育ったもののことを言います。

 

中国の漢方薬として有名ですが、「冬は虫だけど夏は草になるもの」と昔の人が勘違いしていたことからこの名前が付けられたのだそうです。

 

実際はこの時点ではもう虫は死んでいて、すっかり次の子孫を残す状態になっています。

 

これはカメムシに寄生したキノコなので「カメムシタケ」。

 

本当に見れば見るほど奇妙。自然の世界の恐ろしさと面白さを同時に感じます。

 

憧れの日本の冬虫夏草を見れたところで、ふぅもう満足である。と思ったのも束の間。

f:id:michi_kusa:20170812195653j:plain

▲なにやら違う色をした冬虫夏草を仲間が発見。

 

薄学なぼくは、あぁまたカメムシタケか。さっき掘り起こしたからこれはそうっとしといてやろうと思い素通り。

 

すると後方から聞こえてきた、仲間の歓声。むむっ、なんだ?と思って戻ってみると

f:id:michi_kusa:20170812195857j:plain

▲なんと今度は、ハチに寄生した冬虫夏草「ハチタケ」!

 

違うキノコだったのかきみは!そういえば色が全く違うものね。

f:id:michi_kusa:20170812200020j:plain

▲ハチ。寄生された虫はこうしてミイラ状態になってしまうみたい。

 

いやぁ凄い。なんと2種類も冬虫夏草を見てしまったよ。

 

と、またもや満足してしまった僕が馬鹿でした。

f:id:michi_kusa:20170812200253j:plain

▲がーーーん!!!なんだこれはー!!!!!

f:id:michi_kusa:20170812200324j:plain

▲な、なんという圧倒的な見た目。

 

きっとこれも冬虫夏草。成虫だけじゃなくて幼虫にも寄生するのね、あなたは…。

 

さっそく図鑑を調べるも、残念ながらこれに近い冬虫夏草は見つからず同定不能。(どなたか分かる方いらっしゃれば教えてください。)

 

いやぁ凄い。なんて面白いものを見てしまったんだろう。

 

あまり世間では認知されていないけど、じつは日本に300種類以上いると言われる冬虫夏草の仲間たち。

 

特別に深い森に行かなくても、多少自然度の高い湿った林床であれば都心の公園でも見られるそうです。

 

普段気付かないだけで、本当は近くにあるのかもしれない奇妙で面白い自然。

 

もっともっと知りたいなと思った一日でした。

見た目も作戦も面白いサルスベリの花

先月くらいから、町を歩いているとよく見かける派手な花。

f:id:michi_kusa:20170805101637j:plain

▲主に街路樹や庭木として植えられています。

f:id:michi_kusa:20170805101504j:plain

▲こんな感じの花で

f:id:michi_kusa:20170805101726j:plain

▲遠くに咲いていても、目立ちます。

 

この樹木の名前は、木の幹を見るとすぐに分かります。

f:id:michi_kusa:20170805102304j:plain

▲猿も滑りそうなくらいツルツルしているので「サルスベリ」。

 

漢字で書くと「百日紅」。7月から9月くらいまで花が咲くので、百日くらい長い期間咲いている紅色の花という意味。

f:id:michi_kusa:20170805103144j:plain

▲葉っぱはこんな感じ。

 

さて、このサルスベリ。ぱっと見の印象が派手なので「おっ、サルスベリだ!」と遠くから見て終わってしまいがちなのですが、これまた花のつくりが面白い樹木なんです。

f:id:michi_kusa:20170805103058j:plain

▲正面から見る。なにやら色んな部位がついています。

 

まずは一番外側のピンク色、しわしわのフリル状のものがサルスベリの花びらです。

 

ここまではいいとして、真ん中についているごちゃごちゃしたもの。これは何だろう。

f:id:michi_kusa:20170805103544j:plain

▲ななめ横から。どうも雄しべらしきものが2種類と雌しべが1本あるようす。

f:id:michi_kusa:20170805103827j:plain

▲真ん中に黄色く固まっている雄しべと、それよりも花糸の長い雄しべ。

それから、長い雄しべに混じって1本だけある先端が緑色のものが雌しべ(分かるかしら?)。

 

おっ、形の違う雄しべと書いてピーンと来た。これ、もしやツユクサと同じ戦法なのでは?

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

ツユクサも、一つの花のなかに違う形の雄しべを持っていて、それぞれが①花粉を出さず、虫をおびきよせるための装飾としての雄しべ、②花粉を出す交配能力を持つ雄しべ、③花粉も出すし、装飾効果もある雄しべ。とみんな違う役割を持っていました。

 

サルスベリも、この通りだとすれば

f:id:michi_kusa:20170805103724j:plain

▲この中心の派手な部分が、虫をおびき寄せるか、または虫の餌とする雄しべ。

f:id:michi_kusa:20170805104003j:plain

▲外側の長い雄しべは、交配能力のある「雄しべ」。

 

ということになるのでは? ということで、いつもお世話になっている日本植物生理学会さんのHP「植物Q&A」を検索。

jspp.org

サルスベリの花は虫媒花で、ハチやアブの仲間が花粉を運びます。しかし、中央の黄色い葯の花粉は受粉用の花粉ではなくて、昆虫の食餌となります。受粉用の花粉は長い雄しべの葯のものが使われます。中央の雄しべの葯は上を向いていて、昆虫を呼び込みます。昆虫は夢中でこの花粉を集めている間に、長い雄しべの下向きに着いている葯に背中をこすり、その花粉を背中につけます。同時に、やはり下向きについている雌しべの柱頭に背中のの花粉がこすりつくことになるのです。

 

とのこと。やはりそうだったのか。

f:id:michi_kusa:20170805105223j:plain

▲この黄色の雄しべはが虫の餌用だったとはねぇ。サルスベリの花の作りもなかなか巧妙だ。

 

サルスベリは中国が原産地で、いつ日本にやってきたかはどうも不明なのだとか。

 

ただ、江戸時代の女性俳人の加賀千代女がこんな歌を詠んだそうなので、少なくとも江戸時代にはこのサルスベリの花を日本人も愛でていたみたい。

 

散れば咲き、散れば咲きして百日紅

 

この歌を聞いて、あぁ凄いなと思ったのは、この歌がちゃんとサルスベリの花の咲き方を知った上で詠まれているということ。

 

一つの花が長期間咲き続けるわけでなく、散っては新しい花が次々と咲くというのがサルスベリの花。

f:id:michi_kusa:20170805105453j:plain

▲花の中に、こんな形をしたつぼみがたくさんついています。

 

次々とつぼみが開いて、ずっと見るものの目を楽しませてくれるんですね。

 

昔の人も、植物をよく観察していたのだなぁと思うと、嬉しくなります。

f:id:michi_kusa:20170805110142j:plain

▲これはもう一息!

f:id:michi_kusa:20170805184209j:plain

 ▲見応え抜群。

 

サルスベリの花も、是非ちょっとだけ近づいて見てみてください。