いまここで会える自然

初心者向けの、街中で楽しめる植物観察会「まちの植物はともだち」を主宰しています。

世にも奇妙な冬虫夏草 カメムシタケとハチタケともう一種類

ついに見つけてしまいました。

 

3年前からあらゆる場所で探し続けていた日本の冬虫夏草

f:id:michi_kusa:20170812193636j:plain

▲これです。林床で全く目立たないので、見つけるのに3年もかかってしまいました。

 

えっ?これを探していたの?と思う方もいらっしゃると思いますが、今回のブログはこれからどんどんエスカレートしていきます。

 

人によっては気持ち悪いと感じる方もいると思いますので、虫の仲間やいわゆるゲテモノ系が苦手な方は、今回はここまでにすることをおすすめします。

 

怖いものみたさが勝る方は続きをどうぞ。

 

↓↓↓

 

冬虫夏草は地上部分だけ見ても何の話か分からないので、この赤い部分の地下を掘ってみます。(※今回は、某演習林にいましたのご心配なく)

f:id:michi_kusa:20170812194036j:plain

▲地中から出てきたのは、なんとカメムシ!推定ヒメハサミツノカメムシです。

f:id:michi_kusa:20170812194554j:plain

▲別角度から。どうもカメムシの右肩から赤い棒のようなものが出ているようす。

f:id:michi_kusa:20170812194324j:plain

▲この部分。

 

冬虫夏草とは、昆虫ではなくキノコのこと。

 

昆虫に寄生したキノコが、虫の体を養分にして育ったもののことを言います。

 

中国の漢方薬として有名ですが、「冬は虫だけど夏は草になるもの」と昔の人が勘違いしていたことからこの名前が付けられたのだそうです。

 

実際はこの時点ではもう虫は死んでいて、すっかり次の子孫を残す状態になっています。

 

これはカメムシに寄生したキノコなので「カメムシタケ」。

 

本当に見れば見るほど奇妙。自然の世界の恐ろしさと面白さを同時に感じます。

 

憧れの日本の冬虫夏草を見れたところで、ふぅもう満足である。と思ったのも束の間。

f:id:michi_kusa:20170812195653j:plain

▲なにやら違う色をした冬虫夏草を仲間が発見。

 

薄学なぼくは、あぁまたカメムシタケか。さっき掘り起こしたからこれはそうっとしといてやろうと思い素通り。

 

すると後方から聞こえてきた、仲間の歓声。むむっ、なんだ?と思って戻ってみると

f:id:michi_kusa:20170812195857j:plain

▲なんと今度は、ハチに寄生した冬虫夏草「ハチタケ」!

 

違うキノコだったのかきみは!そういえば色が全く違うものね。

f:id:michi_kusa:20170812200020j:plain

▲ハチ。寄生された虫はこうしてミイラ状態になってしまうみたい。

 

いやぁ凄い。なんと2種類も冬虫夏草を見てしまったよ。

 

と、またもや満足してしまった僕が馬鹿でした。

f:id:michi_kusa:20170812200253j:plain

▲がーーーん!!!なんだこれはー!!!!!

f:id:michi_kusa:20170812200324j:plain

▲な、なんという圧倒的な見た目。

 

きっとこれも冬虫夏草。成虫だけじゃなくて幼虫にも寄生するのね、あなたは…。

 

さっそく図鑑を調べるも、残念ながらこれに近い冬虫夏草は見つからず同定不能。(どなたか分かる方いらっしゃれば教えてください。)

 

いやぁ凄い。なんて面白いものを見てしまったんだろう。

 

あまり世間では認知されていないけど、じつは日本に300種類以上いると言われる冬虫夏草の仲間たち。

 

特別に深い森に行かなくても、多少自然度の高い湿った林床であれば都心の公園でも見られるそうです。

 

普段気付かないだけで、本当は近くにあるのかもしれない奇妙で面白い自然。

 

もっともっと知りたいなと思った一日でした。

見た目も作戦も面白いサルスベリの花

先月くらいから、町を歩いているとよく見かける派手な花。

f:id:michi_kusa:20170805101637j:plain

▲主に街路樹や庭木として植えられています。

f:id:michi_kusa:20170805101504j:plain

▲こんな感じの花で

f:id:michi_kusa:20170805101726j:plain

▲遠くに咲いていても、目立ちます。

 

この樹木の名前は、木の幹を見るとすぐに分かります。

f:id:michi_kusa:20170805102304j:plain

▲猿も滑りそうなくらいツルツルしているので「サルスベリ」。

 

漢字で書くと「百日紅」。7月から9月くらいまで花が咲くので、百日くらい長い期間咲いている紅色の花という意味。

f:id:michi_kusa:20170805103144j:plain

▲葉っぱはこんな感じ。

 

さて、このサルスベリ。ぱっと見の印象が派手なので「おっ、サルスベリだ!」と遠くから見て終わってしまいがちなのですが、これまた花のつくりが面白い樹木なんです。

f:id:michi_kusa:20170805103058j:plain

▲正面から見る。なにやら色んな部位がついています。

 

まずは一番外側のピンク色、しわしわのフリル状のものがサルスベリの花びらです。

 

ここまではいいとして、真ん中についているごちゃごちゃしたもの。これは何だろう。

f:id:michi_kusa:20170805103544j:plain

▲ななめ横から。どうも雄しべらしきものが2種類と雌しべが1本あるようす。

f:id:michi_kusa:20170805103827j:plain

▲真ん中に黄色く固まっている雄しべと、それよりも花糸の長い雄しべ。

それから、長い雄しべに混じって1本だけある先端が緑色のものが雌しべ(分かるかしら?)。

 

おっ、形の違う雄しべと書いてピーンと来た。これ、もしやツユクサと同じ戦法なのでは?

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

ツユクサも、一つの花のなかに違う形の雄しべを持っていて、それぞれが①花粉を出さず、虫をおびきよせるための装飾としての雄しべ、②花粉を出す交配能力を持つ雄しべ、③花粉も出すし、装飾効果もある雄しべ。とみんな違う役割を持っていました。

 

サルスベリも、この通りだとすれば

f:id:michi_kusa:20170805103724j:plain

▲この中心の派手な部分が、虫をおびき寄せるか、または虫の餌とする雄しべ。

f:id:michi_kusa:20170805104003j:plain

▲外側の長い雄しべは、交配能力のある「雄しべ」。

 

ということになるのでは? ということで、いつもお世話になっている日本植物生理学会さんのHP「植物Q&A」を検索。

jspp.org

サルスベリの花は虫媒花で、ハチやアブの仲間が花粉を運びます。しかし、中央の黄色い葯の花粉は受粉用の花粉ではなくて、昆虫の食餌となります。受粉用の花粉は長い雄しべの葯のものが使われます。中央の雄しべの葯は上を向いていて、昆虫を呼び込みます。昆虫は夢中でこの花粉を集めている間に、長い雄しべの下向きに着いている葯に背中をこすり、その花粉を背中につけます。同時に、やはり下向きについている雌しべの柱頭に背中のの花粉がこすりつくことになるのです。

 

とのこと。やはりそうだったのか。

f:id:michi_kusa:20170805105223j:plain

▲この黄色の雄しべはが虫の餌用だったとはねぇ。サルスベリの花の作りもなかなか巧妙だ。

 

サルスベリは中国が原産地で、いつ日本にやってきたかはどうも不明なのだとか。

 

ただ、江戸時代の女性俳人の加賀千代女がこんな歌を詠んだそうなので、少なくとも江戸時代にはこのサルスベリの花を日本人も愛でていたみたい。

 

散れば咲き、散れば咲きして百日紅

 

この歌を聞いて、あぁ凄いなと思ったのは、この歌がちゃんとサルスベリの花の咲き方を知った上で詠まれているということ。

 

一つの花が長期間咲き続けるわけでなく、散っては新しい花が次々と咲くというのがサルスベリの花。

f:id:michi_kusa:20170805105453j:plain

▲花の中に、こんな形をしたつぼみがたくさんついています。

 

次々とつぼみが開いて、ずっと見るものの目を楽しませてくれるんですね。

 

昔の人も、植物をよく観察していたのだなぁと思うと、嬉しくなります。

f:id:michi_kusa:20170805110142j:plain

▲これはもう一息!

f:id:michi_kusa:20170805184209j:plain

 ▲見応え抜群。

 

サルスベリの花も、是非ちょっとだけ近づいて見てみてください。

カラスウリの夜の過ごし方

昨日は夕方から夜にかけて咲くオシロイバナを詳しく観察してみましたが、夜に咲く花と言えば、忘れちゃいけないのがこの植物。

f:id:michi_kusa:20170804192756j:plain

▲じゃん。一度見たら忘れられない夏の花!カラスウリです。

 

僕も感情に左右される一人の人間なので、数ある花の中でもついつい依怙贔屓してしまう植物がありますが、カラスウリはまさにそんな花。

f:id:michi_kusa:20170804193032j:plain

▲だって凄くないですか。この圧倒的な存在感。二度見必須の面白さです。

 

こんな花が街中で普通に見られるのだから本当に驚き。もう驚いてばっかりだな、植物には。

f:id:michi_kusa:20170804193539j:plain

▲お近くで探してみたい方は、昼間の内にこんな葉っぱをしている「つる植物」を探してみてください。

f:id:michi_kusa:20170804193701j:plain

▲すると、中にこんな形をしたつぼみがあるはず。

 

これを見つけたらもうこっちのもの。どれだけ待っても昼間は咲かないので、夕暮れになったらまたこの場所に来てみます。

f:id:michi_kusa:20170804193811j:plain

▲18:30。あたりが暗くなってきたころに来ると、やや!つぼみが少しほころんでいる!

f:id:michi_kusa:20170804193927j:plain

▲18:45。どうもつぼみの真ん中から外側へ向けて花びらを広げていくようです。

f:id:michi_kusa:20170804194056j:plain

▲横から。この状況も何だか神秘的です。ロマンですねぇ。

f:id:michi_kusa:20170804194132j:plain

▲19:00。意外にサクサクと花は開いていきます。

f:id:michi_kusa:20170804194546j:plain

▲19:30。もうすっかり満開!いやはや、何て見応えのある植物でしょうか。

 

ちなみに、このカラスウリも一日でしぼむ一日花なので

f:id:michi_kusa:20170804194737j:plain

▲翌朝にはこんな姿になっています。

f:id:michi_kusa:20170804194803j:plain

▲開く時は器用なのに、閉じるときは結構花びらが余っちゃうのが何ともキュート。

 

こんなに見る者を楽しませてくれる花が、人知れず街中で咲いていて良いのかしらなんて思ってしまいますが、別にそれでいいんです。

 

なぜならカラスウリは、特に人間に見られることを欲しておりませんからね。(他の花もそうですけど…)

 

カラスウリが求めているのは、オシロイバナと同じで「スズメガ」なんだとか。

 

カラスウリは、数多くいる生物の中からスズメガだけを選んで、自分の蜜を提供する代わりに花粉を運んでもらっているのだそうです。

 

なるほど。それはいいのだけど、でもどうしてわざわざこんな恰好をしているのかしら?この白のヒラヒラはなんのため?

 

という、当然出てくるであろう疑問に対して、色々な人が色々なことを考えています。


・夜でも目立つように白のレースをつけた説。
・他の虫が止まれないように花びらをレース状にして、空中でホバリングして静止する能力のあるスズメガだけが蜜を吸えるようにした説。
・花びらを省エネした説。

 

などなど。

 

どれもうんうんそうかもなぁと思うものばかりですが、植物の話はほとんどそうだけど、結局こういうことはあくまでも人間が想像しているに過ぎないこと。

 

あっているかも知れないし、間違っているかもしれない。

 

本当の答えはカラスウリのみぞ知る。いやむしろカラスウリにだって分かっていないかもしれない。 

 

なんとも心許ないようだけど、でもだからこそ植物は面白いと僕は思います。

 

分からないことを、分かるように自分なりに考えてみる。そうしているうちに植物とは、生物とは、進化とは!と、どんどん問いが大きくなっていく。

 

この問いが最終的にいきつくのは、生物はどのようにして誕生し、どこへ向かっていくのかという謎。

 

なんと、植物を楽しんでいるだけでいつのまにか人類最大の崇高な謎にチャレンジしているんですねぇ。

 

えへへ、やっぱり植物は面白いや。

意外と観察のしがいがあるオシロイバナの花

花の中には、どうしたものかちゃんと時間を分かっているものがあります。

f:id:michi_kusa:20170803120539j:plain

オシロイバナは、そんな花のうちのひとつ。

 

一般的によく知られた花ですが、時間を追って観察してみるとなかなかに観察しがいのある植物です。

 

早速ですが、順番に見て行きます。

(※さすがに僕も同じ花を一日中見ているわけにはいかないので、この1週間ほどかけて地道に時間を変えて観察しました。花の色がコロコロ変わりますが、悪しからず。)

f:id:michi_kusa:20170803121049j:plain

▲まずは15時。開花直前のつぼみ。

f:id:michi_kusa:20170803164639j:plain

▲これが16時になると開きます。時間通りでした。

どうやって時間を知っているのだろう。不思議。

f:id:michi_kusa:20170803121230j:plain

▲開花直後の雄しべと雌しべ。くるくる丸まっています。

f:id:michi_kusa:20170803121322j:plain

▲この雄しべと雌しべが少しづつ伸びていきます。

f:id:michi_kusa:20170803164918j:plain

▲だんだん伸びてきました。

この時はまだ雄しべの葯(花粉が入っているところ)は開いていません。

f:id:michi_kusa:20170803121404j:plain

▲18時30分ころ。葯が少しづつ開き始めます。

f:id:michi_kusa:20170803121427j:plain

▲アップ。左下が雌しべの柱頭。それ以外は雄しべ。

葯の中の花粉が出てきているのが見えるでしょうか。(黄色いつぶつぶが花粉)

f:id:michi_kusa:20170803122055j:plain

▲雄しべと雌しべが伸びきった18時30分くらいのこの状態が、オシロイバナがまさに咲いている時。

 

さて、この花を翌日の朝に見にいってみると…

f:id:michi_kusa:20170803122237j:plain

▲朝8時。しぼんでいました。

f:id:michi_kusa:20170803122353j:plain

▲この時に雄しべと雌しべをのぞくと、またこうしてクルクル丸まっています。

f:id:michi_kusa:20170803122433j:plain

▲雄しべと雌しべが一緒くた。

f:id:michi_kusa:20170803122627j:plain

▲少々分かりづらいですが、黄色いつぶつぶは花粉で、真ん中にある赤いぶつぶつのものが雌しべの柱頭。

雌しべの柱頭に、黄色い花粉がついているのが見えます。

f:id:michi_kusa:20170803122742j:plain

▲そして朝9時にはすっかり閉じてしまいました。

 

このようにして、夕方に開いて翌日の朝には閉じてしまうのがオシロイバナの生活。

 

さて、面白いのはここから。

 

じつは、上にあげた写真の中にオシロイバナの戦略が詰まっています。

  

同じ写真になりますが、また順を追って改めてご紹介。

f:id:michi_kusa:20170803123246j:plain

オシロイバナスズメガという蛾に花粉を運んでもらっている植物なので、夜のうちに花を咲かせます(スズメガは夜行性)。

 

ただ、困ったことに街中ではスズメガが来ることは稀なのだそうで、せっかく夜に咲いても受粉出来ないオシロイバナが出てしまうそうです。

 

そこでオシロイバナは考えた(…かどうかは知りませんが)。

 

スズメガが駄目だったら、自分で受粉しよう。

f:id:michi_kusa:20170803165806j:plain

▲ということで、翌朝になると自ら雄しべと雌しべをクルクルとまいて、自分の雄しべの花粉を、自分の雌しべの柱頭につけるのだとか。

 

上の写真をよく見ると、確かに真ん中の柱頭(赤いブツブツがある部分)に黄色い花粉がくっついています。

 

こうすれば、夜はスズメガによる他の花との受粉を目指し、それが駄目なら翌朝に自分の花の中で受粉をするという2段構えの戦略をとっているのだそうです。

 

子孫を残すためですからね。オシロイバナもなかなかよく出来た仕組みで生きています。

 

ふむふむ、身近なオシロイバナだってなかなか観察のしがいがあるもんだ。

 

むしろ知っていると思っている身近な植物だからこそ、よく見ると驚きが詰まっているとも言えます。

 

最後におまけ。

f:id:michi_kusa:20170803170504j:plain

オシロイバナの種。

f:id:michi_kusa:20170803170551j:plain

▲2つに割ると中から白いものがでてきます。

f:id:michi_kusa:20170803170702j:plain

▲白い部分を割ると中に詰まっているのは、やっぱり白い胚乳。

f:id:michi_kusa:20170803170909j:plain

▲この白い粉を肌にこすりつけると、白くお化粧することができます。

 

勘の良い方はもう分かったかもしれませんが、これがオシロイバナの名前の由来。

 

白粉(おしろい)みたいな粉が種子に入ってるからオシロイバナなんですね。

 

 

まちなかでオシロイバナを見ているだけで、こんなに観察が出来てしまう。植物はやっぱり奥が深い。

 

そういえば、前にご紹介したツユクサも、自家受粉と他家受粉の2種類の受粉方法を持っている植物でした。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

それから、時間通りに花を咲かせる植物といえば、ハゼランの花。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

みんな、色々な生き方をしているのだなぁ。

 

ツユクサハゼランも、まだどちらも街中で見つけることが出来るので、是非近くで探してみてください◎

《番外編2》いまここで会えない自然 Ajuga lupulina

中国の植物をもう一つご紹介。

 

日本でも、いわゆる普通種とよばれるものが好きな僕(もちろん珍しいものに出会えたら興奮しますが)。

 

中国にいっても、ありふれた植物に心をつかまれていたりしています。

 

前回は、中国の中でもちょっと珍しい植物をご紹介しましたが↓↓

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

今回は中国の普通種をご紹介して、番外編のバランス取りをさせていただきます。

 

普通種とは、よく見かけてあまり珍しくないというようなニュアンスで使っていますが、中国に来るとそんな植物だっておもしろい。

f:id:michi_kusa:20170727203147j:plain

▲じゃん!さぁ、これは一体なんでしょうか。

f:id:michi_kusa:20170727203428j:plain

▲十字対生の葉っぱが見事に並んでいます。

f:id:michi_kusa:20170727203521j:plain

▲横からみても、なんの花か分からない。

f:id:michi_kusa:20170727203547j:plain

▲じゃあこれは?

f:id:michi_kusa:20170727203953j:plain

▲そう。なんとなんとキランソウの花でした!

 

学名ではAjuga lupulina。この色この形、何故か惹かれてしまうんですよね。

 

ちなみに日本のキランソウはこれ↓

f:id:michi_kusa:20170727204553j:plain

▲シソ科キランソウ属のキランソウ。学名はAjuga decumben。

 

花は一緒の形だけど、全体の姿は似ても似つかない。

f:id:michi_kusa:20170727203508j:plain

▲さながら中国の高原に聳え立つ五重塔

 

ん~、面白い。ありふれた植物でも全て珍しく感じるのが海外の植物観察。

 

やっぱりたまには海外もいいですね。

ヘクソカズラの隠れた腺毛は何のため?

中国から帰ってきたら、すっかりこの花の季節でした。

f:id:michi_kusa:20170726002540j:plain

▲どこでもよく見かけるヘクソカズラ

f:id:michi_kusa:20170726002616j:plain

▲こういう花ね。

f:id:michi_kusa:20170726002646j:plain

▲最近少しずつ回数を増やしている地域での初心者向けの植物観察会で、ほとんど毎回行っているのが、この葉っぱの匂い嗅ぎ。

 

くっさーい!という反応が多く(たまに良い匂いという方もいますが)寄せられますが、昔の人も同じように感じていたようで、その匂いがそのまま名前になっています。

 

ちょっと書きにくいですが、屁と糞の匂いがするからヘクソカズラ…。

f:id:michi_kusa:20170726002712j:plain

▲別名をヤイトバナ。これはこの花の白と赤がヤイト(お灸のこと)に見えることから。

f:id:michi_kusa:20170726002754j:plain

▲さらに別の名をサオトメカズラ。これは花を早乙女がかぶる笠に見立てたことから。

 

風流な別名もあるのに、なぜか一般的なのはヘクソカズラ。くさーいという特徴の方が分かりやすくて広がりやすかったのでしょうか。

 

さて、この花。その匂いを嗅ぐだけでも十分盛り上がるのですが、今回ももう一歩だけ踏み込んでみます。

f:id:michi_kusa:20170726002816j:plain

▲まずは花の側面をアップで。なんだこの白い球のような毛は!綺麗だ…。

f:id:michi_kusa:20170726002835j:plain

▲続いて花を正面から。

f:id:michi_kusa:20170726002859j:plain

▲なんという毛の形!ふさふさ!!

f:id:michi_kusa:20170726002927j:plain

▲この手前に出ているぎざぎざの線上の部分は「雌しべ」。

 

なんという驚きの造形。直径1センチほどの花の中心がこんな風になっているなんて。

 

ひとしきり驚いたなら、次に出てくるのはじゃあどうしてこんなに毛むくじゃらになっているんだろうという疑問。

 

この腺毛からはネバネバの粘液は出ているのだろうか。出ているとしたら何のためなんだろうか。

 

そういえば花の表面のビーズ状の毛は何の役割をはたしているのだろう。

 

雄しべはどこに?葉っぱはどうして臭いの?花の中心が赤い理由は?

 

なんて、ヘクソカズラ一つを取り上げたってこんなに出てくる謎の数々。

 

花の中心に毛が多いのはきっと花の内部(外からは見えないけど雄しべや子房など)を守るためなんだろうな。とか、赤い色はやはり虫から見えやすいようにだろうなとか、色々なことを勝手に考えていると、流れる汗も気にならなくなってくるから不思議。

 

身近な植物も、よくよく見れば謎だらけ。本当に、植物は楽しいですねぇ。

《番外編》いまここで会えない自然 saussurea medusa 雪蓮花

ちょっと所用があり、中国奥地のチベット族が暮らす青海省に行ってきました。

 

そこで発見!死ぬまでに見たかった花のひとつ、「雪蓮花」!

f:id:michi_kusa:20170724193500j:plain

▲よく図鑑を見て憧れていましたが、今回ついに本物を見てしまいました。

f:id:michi_kusa:20170724193526j:plain

▲凄い見た目だ…。

f:id:michi_kusa:20170724193543j:plain

▲ちょこんと足をのせているみたい。

f:id:michi_kusa:20170724193636j:plain

▲これは何株も一緒になって生えているのかしら。

 

中国の植物は、なかなか良い図鑑がなく同定に難儀するのですが、GREY-WILSONの「GUIDE TO THE FLOWERS OF WESTERN CHINA」を見ると、どうもSaussurea medusaに該当しそう。

f:id:michi_kusa:20170724193700j:plain

Saussureaはトウヒレン属のことで、この頭の部分が花。

ちゃんと見ると確かにトウヒレンの仲間だということが分かります。

f:id:michi_kusa:20170724193728j:plain

▲続いて種小名のmedusaは、ギリシャ神話に出てくるヘビの髪の毛を持ち、見るものを石にしてしまうあのメデューサに姿をなぞらえて付けられているのだと思います。

f:id:michi_kusa:20170724194152j:plain

▲確かに、綺麗というよりは少し怖いくらいの見た目だものね。

f:id:michi_kusa:20170724194212j:plain

▲なんだか近寄って来そう…。

f:id:michi_kusa:20170724194518j:plain

▲じつはこの植物は、漢方薬では雪蓮花と呼ばれ、かの有名な朝鮮人参にも匹敵するほどの滋養強壮剤として用いられています。

 

よくこうして売られているので、野生状態の花を見ることは難しく、じつは僕も今回思いがけず偶然見ることが出来ました。

f:id:michi_kusa:20170724194731j:plain

▲標高4,700mのがれ場。こんなに過酷そうな場所に生えていたのね。あなたは。

f:id:michi_kusa:20170724194748j:plain

▲ちょっと目を離すと、どこにあったのか分からなくなります。

(どこでしょう?)

f:id:michi_kusa:20170724194817j:plain

▲葉っぱのアップ。毛がふっさふさ。

f:id:michi_kusa:20170724194839j:plain

f:id:michi_kusa:20170724194906j:plain

▲もう少し近づいてみました。

 

今回Saussurea medusaを見つけた場所は、標高が高いこともあり、冬は非常に寒くなり、かつ乾燥の厳しい場所。

f:id:michi_kusa:20170724194939j:plain

▲ぎょっとする見た目をしていますが、この厳しい環境に耐えるためにこの形に辿り着いたのだろうなと思うと、進化の凄さを感じずにはいられません。

f:id:michi_kusa:20170724195006j:plain

▲そうこうしている間に、なんと白花を発見!これは可愛い・・・。

 

すごい。本当にすごいなぁ植物は。

 

数年憧れていた花は、実物で見ると想像以上の迫力と不思議さで、思いがけず花の前でしばらくぼぅっとしてしまいました。

 

このブログでは身近な植物を面白がるということをテーマに書こうと思っていますが、たまには外に出かけるのも良いものですね。

 

世界は広くて面白い!