読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここで会える自然

本や図鑑に載っていることが、本当にそうなっているのか確かめたい。

1センチの密林 玄関裏でゼニゴケを見る

家の玄関裏にアマゾンの密林を発見。

f:id:michi_kusa:20170524141326j:plain

▲高さ1センチ。ミニチュアのヤシの木にも見えます。

 

僕はコケのことは初心者ですが、このコケだけは分かります。

f:id:michi_kusa:20170524212955j:plain

学生時代にしていた植木屋バイトで、人様のお庭でたくさん見ましたからね。

 

久しぶりだな。ゼニゴケよ!

 

湿った日陰に生えてきて、瞬く間に庭を覆い、かつ根絶が難しいことから、どこの家に行ってもなかなかの嫌われようでしたね。あなたは。

 

最近このブログでは、ちまたの嫌われものの紹介ばかり続いていますが、そういうものほどよく見ると案外面白かったり綺麗だったりするので、愛憎裏返しでいつか好かれる時代が来ればいいなと思っています。

 

嫌われ者①

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

嫌われ者?②

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

ということでゼニゴケも「どうやって駆除しようか・・・」なんて考えずに、今日はその仔細を観察してみます。

 

いつか好かれる存在になる日が来るまで、応援しているぞ。ゼニゴケよ!

 

まずはゼニゴケの名前の由来から。

f:id:michi_kusa:20170524212750j:plain

▲これ。だそうです。

 

いきなり地味で面食らいましたが、この丸い部分が銭の形に見えるからゼニゴケという説があるそうです。(生物の名前の由来は諸説あるので、いつも自分が気に入っている名前の由来をご紹介しています)

 

この直径2~3ミリの丸い部分は「無性芽」といって、そっくりそのまま「性が無い芽」のこと。

 

「受粉」や「受精」というような雄雌の交わりを必要とせず、親の体の一部から突然新しい個体がポロっと出来るという、人間にあてはめて想像すると凄い仕組み。足に出来たイボを放っておいたら、そこから小さな自分が誕生した!みたいなことですからね。

 

西遊記孫悟空が、髪の毛を抜いてフッと息をかけると分身が生まれるみたいな発想って自然界から着想を得たのかしら。まさかね。

 

…脱線しましたが、庭でむやみやたらに増えるのは、ゼニゴケを取ったときにこの無性芽が土にぽろぽろ落ちるからと考えられています。

 

それでは、一番はじめに出したヤシの木みたいな部分は何かというと

f:id:michi_kusa:20170524212558j:plain

▲これは「雌株」から出てきた「造卵器」。

さきほどいきなり無性芽の話をしてしまいましたが、ゼニゴケも有性生殖をするそうで、株毎に「雌の株」と「雄の株」に性が分かれています。

f:id:michi_kusa:20170524212849j:plain

▲こちらが「雄株」から出てきた「造精器」。

 

雄株の造精器で作られた精子が、雨などの水分に乗っかって造卵器の入口を目指して泳いでいき、無事受精が済むと

f:id:michi_kusa:20170524180453j:plain

▲こうして黄色い「胞子のう」をつけます。なぜだか目を離すことが出来ない独特な見た目に息を呑みます。

 

この中にある小さな小さな胞子が地面に落ちると、また新しいゼニゴケが誕生するというわけ。

 

なんだか言葉で説明すると難しいのと、コケは専門外なので間違えると恥ずかしいので、NHKの分かりやすい映像をリンクさせていただきます。

www2.nhk.or.jp

↑とっても分かりやすいです。こういうコンテンツを作るのって凄いなぁ。

 

ふむふむ、ということはゼニゴケは無性生殖と有性生殖の2刀流で生存戦略を立てているということか。

 

・・・凄いじゃないですか、ゼニゴケさん。

 

じつは4年前からコケの世界に入りたい入りたいと思いながら、いつも表層しか眺められずに臍を噛む思いでいます。

 

ゼニゴケも調べてみると「ケゼニゴケ」、「トサノゼニゴケ」、「フタバネゼニゴケ」など色々な種類があるようで、図鑑で写真を見ていると、いつか見てみたい・・・という気持ちがふつふつと沸き起こってきます。

 

ちなみにコケの世界にも、はるばる海外からやってきた「帰化コケ」があるそうで、いつかそれを紹介してもらったことがあります。

f:id:michi_kusa:20170524180514j:plain

▲遠く地中海からお越しのミカヅキゼニゴケ。この無性芽の形が三日月形をしているのが違いなのだとか!

興奮でブレブレの写真しか撮れなかったという無念さ溢れる一枚。いつかまたお目にかかりたく思っております。

 

コケ、もっと勉強したいなぁと思いつつ、それより鳥も知りたいし、いや植物だってまだ知らないことだらけだからなと、興味は尽きることのない自然の世界。

 

専門家でなくても、いまは本や図鑑、ネットなどで簡単に情報が入手できる時代。コケだってあまりよく分かっていなくても好き勝手に観察すればいいと僕は思っています。誰から点数をつけられるわけでもないですし。

 

もっと軽い気持ちで。まずは玄関裏から自分なりの視線でね。

身近なドクダミのたくましい生き方

あちこちでドクダミの花が咲き始めたので、いきなり近付いて観察。

f:id:michi_kusa:20170523185914j:plain

「さて、ドクダミの花はどれでしょう?」という質問は、「どれがアジサイの花でしょう?」と同じくらい頻出の植物クイズ。

 

これがドクダミの花。

f:id:michi_kusa:20170523185855j:plain
▲…ではなくて

f:id:michi_kusa:20170523190007j:plain

▲黄色く見える棒状の部分を拡大すると見えてくる、この小さな一つ一つが花。

 

と言われても戸惑う方が多いと思うので、さらに拡大した写真を。

f:id:michi_kusa:20170523190033j:plain

▲これです。白くて先端が3つに割れているのが雌しべで、先っぽに黄色い葯(←この中に花粉が詰まっている)がついているのが雄しべ。花びらはありません。


じゃあ白いひらひらした部分は?というと、これは花びらではなく「総苞片」と呼ばれるもので、葉っぱが変化したもの。

(↓前にご紹介したハナミズキと同じです↓)

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

小さな花が集まった棒状の部分(穂状花序と言います)と、その下にある白い部分(総苞)で、全体として一つの大きな花に見せている。というのがドクダミの花の作り。

 

じつはこうした花の作りは、花の進化を考えるうえではとっても興味深いものなのだけど、その話は長くなるのとまだ僕が研究中なのでいつかの機会に。

 

・・・ややこしい話はおいておいて、やはりこうした花の作りを見ているは面白いなぁと思いつつ、頭では他のことを考えている。

 

『なんだか去年より増えた気がするな…庭のドクダミ。』

 

ドクダミは十薬の異名を持つほど薬効に優れているうえに花だって可愛らしいのに、各地であまり歓迎されていないのは、その旺盛な繁殖力のせい。

 

抜いても抜いても増える。むしろ抜けば抜くほど増える。

 

なぜだ、なぜにそんなに元気なのだドクダミよ。

f:id:michi_kusa:20170523192409j:plain
▲道路側から庭の方向に、じわりじわりと忍び寄ってくるドクダミ群落。

 

この秘密を探るべく、どうせ抜くのだからと根っこを観察してみることに。

f:id:michi_kusa:20170523192435j:plain

ドクダミの葉っぱ。

f:id:michi_kusa:20170523192500j:plain

▲この下を見ていくと、白い部分が続いていき

f:id:michi_kusa:20170523192524j:plain

▲なんと…下で繋がっている!!

 

だからか。だからなのかドクダミよ。

 

この根っこに見える部分はじつは根っこではなく「地下茎」と呼ばれる部分。読んで字のごとく地下にある「茎」です。

 

「ふーん、茎なのね」なんて、さらっと聞き流してしまいそうになるけど、これがじつはとても大事。

 

なにが大事って、根からは「芽」は出ないけど、茎には「芽」が出るんです。

 

つまりドクダミは、地上部を引っ張って抜かれても、地中に地下「茎」さえ残っていれば、そこから形成される「芽」によって新たな地上部分を作り出すことができるというわけ。

f:id:michi_kusa:20170523192643j:plain

▲地下茎の長さ、推定50センチ。

 

抜けば抜くほどドクダミが増えるのは錯覚ではなく、抜けば抜くほど地下茎がバラバラになっていき、それぞれがまた新たな地上部を作るので、抜けば抜くほどドクダミは本当に増えていくのです。なんという逞しい植物でしょうか。

 

こうなってくると、もしかしてドクダミは人間に抜かれたいと思っているんじゃないかと想像してしまうほど。

 

長くなってきたので無理矢理うまくまとめると、ヒトも植物も多少困難にぶち当たっても、見えない地下の部分がしっかりしていればそう易々とは潰されないということですネ。

自分の目で確かめるということ

ここ10年ゲーム機を触った記憶がなく、ネットゲームにいたっては人生で一度もプレイしたことがない。そんな僕でも、昨年話題になった「ポケモンGO」だけは発表当日にダウンロードして1週間ほどやりこんだ。

 

自分自身が初代ポケモン世代だったので珍しく気持ちが動いたというのが理由のひとつではあったけれど、「AR技術を体験してみたかった」というのが本当のところの動機。

 

少しよそ見している間に世の中は大きく変わっていて、ゲームボーイポケモンを遊んでいた時には想像できなかった世界がいま存在している。進む架空と現実の世界の融合。その境は最近ますます曖昧になってきている。

 

たとえば、自然の音を再現することが出来るアプリがあるらしい。

 

これを使うと、雨が降る音や川のせせらぎ、鳥の鳴き声などを自分好みにブレンドして理想の音環境を作りだすことができるそうな。

 

なるほど、これがあれば家にいながらキャンプの夜を疑似再現することができる。さらに技術が進めば、土の匂いや夜の気温、吹く風までも自分好みに再現できるようになるかもしれない。天井に投影すれば満点の星空だって見えるかも。

 

「それが本当の自然なのか?」という批判が当然起き得ると思うが、「もし、それが実際のキャンプの夜よりも心地よかったらどうしよう」と僕は思う。

 

おそらく、実際にキャンプをしている時に、前述の自然の音を再現するアプリを使う人が出てくるだろう。星空検索アプリを見ながら夜空を見上げ、雲っていたらテントの屋根に星空を投影するかもしれない。

 

地図アプリに誘導されながら山を歩き、植物検索アプリを使って花を見て、鳥が見たくなったらAR技術で画面上に鳥を存在させる。

 

良し悪しを書きたいわけではなく、デバイスと一体型の体験が広まっていくことは間違いないし、言うまでなくすでに急速に広まっている。かく言う自分も、「いま見えている山の名前を知るアプリ」なんてものをダウンロードしたばっかりだ。

 

問題は、それが実際の体験よりも優れていたらどうする?ということで、さらに時代が進んで「実体験の伴わない疑似体験の時代」が来るとしたらどうする?ということだ。

 

 

それを考えたくて、「ポケモンGO」をダウンロードして遊んでみた。通勤路で画面とにらめっこしながら、ドードーをたくさん掴まえた。懐かしかったし、見慣れた道にポケモンが現れるのは素直に面白いと感じた。そして、未来はこの方向だと見せつけられたような気がして、少し面食らってしまった。

 

なにせ僕はと言えば、普段ポケモンGOではなく、通勤路で植物を見ているような人間なのだから。

 

今日はヤマボウシの木を見つけたので、花をじっくり観察してみた。

f:id:michi_kusa:20170522023810j:plain

驚きの形だと思う。道端でピカチュウが現れたときのように興奮する。

f:id:michi_kusa:20170522023829j:plain

ちなみに花の全形はこんな感じ。

 

1センチほどの物体を覗きこんで喜んでいるのだから、なんと僕のスケールの小さいことよ。と思う。なにせ今やグーグルマップを使えば、世界の裏側の川の流れ方まで分かってしまう時代なのだから。

 

続いて、ドクダミの花が咲き始めたので花の細部を覗いてみる。

f:id:michi_kusa:20170522023844j:plain

ドクダミの花は、縦に長い花がついているように見えて、じつは小さい花がたくさん集まって出来ている。雄しべと雌しべだけがあって花弁はない。

 

凄い、なんでこうなっているんだろう。フシギダネみたいに不思議だなと思う。

f:id:michi_kusa:20170522023917j:plain

みんな知っていると思うけど、これが全形。

 

とまぁ、こういうことをして一人道端で楽しんでいるわけだけど、ふと我に帰って考える。

 

「あれ、でもこれって既に知っていたことだよな。」と。

 

植物については、典型的な門前の小僧である僕。ほとんどの知識は諸先輩方に教わったことか、本や図鑑を読んで知ったことばかり。

 

ヤマボウシの花の形もドクダミの花の作りも、じつは覗き込む前から答えを知っている。分かっているのに覗き込んでみたくなる。

 

この感覚ってなんなんだろう。

 

自分の目で実際に確かめた時の心の動き。理屈じゃない部分で受ける感動。それが原動力になって、もっと見てみたい、もっと知りたいと思う。

 

そして、なんでだろう、どうしてだろうと思っているうちに、自分なりの発見をしたりする。

f:id:michi_kusa:20170522023941j:plain

▲ハルジオンはつぼみの時は下を向いている(左)けど、花が開くときには上を向いている!(右)という今年の大発見。

 

こんな些細なことでも、自分ではじめて知ったときは凄く嬉しい気持ちになる。こういう感情は、これから技術がさらに進んでも残るものなのかな。

 

自分の目で確かめるという、ささやかな喜び。これはどうなっているんんだろうという好奇心。こういう心の動きはこれからも残っていてほしいなと思う。

女性から男性に性を変えるホオノキの花

昨日、常磐自動車道を北上していた時のこと。一際目立つ大きさの花が道路沿いにたくさん咲いているのに気が付きました。

 

あら、今年はちょっと早いのかしら、なんて思いながら。

f:id:michi_kusa:20170514190828j:plain

▲ということで、今日はこれ。ホオノキです。

 

日本では最大級の花を咲かせ、とっても上品な香りがするインパクト抜群の樹木。

 

f:id:michi_kusa:20170514191306j:plain

▲もしかしたら、この大きなはっぱの方が有名かもしれません。

 

この花がまた、よくみると面白いんです。

 

ホオノキの花の寿命は短く、およそ3日間と言われていますが、なんとその短い期間に「女性」の時期と「男性」の時期が入れ替わるのだそうです。

 

と、言われてもどういうことか分かりにくいと思うので、順番に撮影してみました。

f:id:michi_kusa:20170514191657j:plain

▲まずは、つぼみ。この状態から大きいので驚きます。

f:id:michi_kusa:20170514191749j:plain

▲咲きたては真上を向いて、木に咲く蓮の花のよう。

f:id:michi_kusa:20170514191914j:plain

▲開花1日目の花。花は開ききらず、夕方になると一旦閉じるそう。

 

真ん中の赤紫色が「雌しべ」で、下の白い部分が「雄しべ」なのですが、赤紫色の「雌しべ」は成熟していて受粉待ちの状態。対して白い部分は熟していないので、まだ花粉は出ていません。

 

つまりこの状況では、花の性別は「女性」ということ。

f:id:michi_kusa:20170514192429j:plain

▲1日目の花のアップ。雌しべの先端の柱頭がたくさん出ているのがよく分かります。

「花粉よ来い!」という状況。 

 

この花が2日目になると、少し様子が変わります。

f:id:michi_kusa:20170514192616j:plain

▲開花2日目。

 

真ん中の赤紫色の「雌しべ」が、1日目の写真と比べるとぴったりくっついてしまっているのが分かるでしょうか。

 

逆に下の白い部分の「雄しべ」が少しゆるんで、花粉を出しています。

f:id:michi_kusa:20170514192840j:plain

▲2日目の花アップ。

 

この状態で、他の花から花粉が運ばれてきても、赤紫色の「雌しべ」はすでに閉じてしまっているので、受粉は出来ません。

 

でも、白い「雄しべ」は熟しているので、花粉をどんどん運んでいってもらいたい状況。

 

つまり、分かりやすく表現してしまうとこの時の性別は「男性」ということになります。

 

1日目は「女性」、2日目は「男性」ときたら、3日目は?

f:id:michi_kusa:20170514193151j:plain

▲開花3日目。

 

赤紫の「雌しべ」は依然として閉じたままで、白い雄しべはポロポロと落ちていってしまっています。つまり、もうこの花の寿命が来てしまった状態です。

 

女性から男性へと性を変え、慌ただしくその寿命を終えていくホオノキの花。

 

なんだか興味深いけれど、どうしてこのような仕組みになっているのかしら?という疑問が残ります。

 

じつはこれ、難しい言葉を使うと「雌雄異熟」という方法なんだそうです。

 

植物には様々な性の在り方がありますが、一つの花の中で「雄しべ」と「雌しべ」が熟するタイミングをわざとずらす植物がいて、雌しべが先に熟する花を「雌性先熟」といい、雄しべが先に熟する花は「雄性先熟」といいます。

 

ホオノキは「雌しべ」が先に熟するので、「雌性先熟」。

 

とまぁ言葉の問題はいいとして、どうしてこんな方法を取っているのかと言うと、「女性」の時期と「男性」の時期をずらすことで、同じ花の中で受粉をしないようにしているのだそうです。

 

もう一度同じ写真を繰り返し。

f:id:michi_kusa:20170514191914j:plain

▲開花1日目(女性の日)。

雌しべは熟していて受粉待ちの状態だけど、雄しべは熟していないので花粉を出せない。

つまり、他の花からの花粉を待っている状況。

f:id:michi_kusa:20170514192840j:plain

▲開花2日目(男性の日)。

雌しべは閉じているので受粉は出来ないけれど、雄しべからは花粉が出ている状態。

つまり、花粉は自分の花の中ではなく、他の花のもとへと運ばれます。

 

ということで、しつこいですが「女性の日(1日目)」と「男性の日(2日目)」を分けることで、自分の花の中で受粉することを避け、他の花と受粉するように作られているのだそうです。

 

病気の発生や環境の変化が起きたとき、同じ遺伝子を持つ個体ばかりだと同じようにダメージを受けてしまう恐れがあり、下手をすれば全滅なんてことも起こり得る。


でも、他の花と受粉をした多様な遺伝子を持つ子孫が増えれば、不測の環境変化に耐えられる個体が生き残るかもしれない。というのがホオノキの生存戦略

 

惑うことなく華麗に咲いているように見えて、じつは良く考えられているホオノキの花。

 

みんな苦労して工夫して生きているんだナ。

 

アカメガシワ パイオニアの生き方

突然ですが、こういうはっぱを見たことがあるでしょうか?

f:id:michi_kusa:20170503003033j:plain

▲新芽や若い葉が赤くなることが特徴のアカメガシワ

 

知っていると街中でもよく見かける植物ですが、一般的にはあまり馴染み深い植物ではないかもしれません。

 

ですがこの樹木、とっても面白いんです。

 

何が面白いって、この赤色。

f:id:michi_kusa:20170507203901j:plain

▲はっぱが赤くなっているように見えますが、近づいてみると…

f:id:michi_kusa:20170507204006j:plain

▲はっぱ自体が赤いのではなく、はっぱに生えている「毛が赤い」のです。

 

これが毛である証拠に、はっぱを指でこすってみるとこのように

f:id:michi_kusa:20170507204214j:plain

毛が取れた後に、本来の緑色の葉身が出てきます。

 

よく出来ているなぁ。と関心しつつ、どうしてこんなことになっているのだろう。という疑問が頭によぎってきます。

f:id:michi_kusa:20170507204356j:plain

▲よく見ると、アカメガシワのはっぱが赤く見えるのは新芽の時か若いはっぱの時期だけ。

 

じつはこれ、植物の紫外線除けなのだと言われています。

  

紫外線に弱いのは人間も植物も一緒。人間は日傘や日焼け止めクリームなどを使って紫外線から肌を守ろうと工夫しますが、植物はその身を赤くすることで紫外線から身を守ろうとします。

 

アカメガシワなら、葉っぱの表面を赤い毛でびっしり覆うことによって、毛の部分で紫外線を吸収。緑色の未成熟な葉っぱに届く紫外線を少なくするのが狙いなのだとか。

f:id:michi_kusa:20170503002922j:plain

▲赤い星形の毛がびっしり。

 

ちなみに冬芽のときはこんな形。 

f:id:michi_kusa:20170507204532j:plain

 ▲バンザイしているみたい。

f:id:michi_kusa:20170507204543j:plain

 ▲冬芽が少し綻ぶと、いきなり赤い毛に覆われたはっぱが出てきます。

 

なかなか凝った作りのアカメガシワですが、じつはこの植物は自然界のパイオニアと言われています。

 

例えば森林の中で大木が倒れた時や、洪水や崖崩れなどによって崩壊地が出来たとき、地中で待ち構えていたアカメガシワが「いまだ!」とばかりに芽を出してきます。

 

強い直射日光や吹きさらしの風雨など、植物の生育には困難な環境を、むしろ他のライバルがいないチャンスと捉えて素早く成長するのがアカメガシワの方法。

 

つまり、アカメガシワの赤い毛は、厳しい環境で生きていくための大事な工夫だったのです。

 

はじめに「まちなかでもよく見る」と書きましたが、それもそのはず。アスファルトに覆われた道は、自然界の崩壊地の環境に似ているため、生まれながらのパイオニアたるアカメガシワがその本領を発揮するにはうってつけなのかもしれません。

f:id:michi_kusa:20170507204755j:plain

 ▲こんな風に、よくブロックの隙間から生えてきています。

 

さらに驚くことに、パイオニアの工夫はこれだけではありません。

 

若くは赤い毛で身を守り、はっぱが大きくなってからはこうして…

f:id:michi_kusa:20170507204808j:plain

▲なんと、アリを仲間に引き入れるのだそうです。

 

はっぱの付け根をよく見ると、蜜腺と呼ばれるものがあり、アカメガシワはそこから甘い蜜を出しています。

 

アリはこの蜜に誘われてアカメガシワのはっぱの上をウロチョロ動きまわる。

 

その際に他の虫が現れると、働き者のアリは外敵を追い払ってしまいます。

 

このように、アカメガシワは蜜をアリに提供する代わりに、アリに外敵から身を守ってもらっているのではないかと考えられています。

f:id:michi_kusa:20170507204827j:plain

 ▲アリが蜜をなめているところ。

 

自然の世界に「意志」や「作為」があるのかどうかはさておいても、アカメガシワの巧妙な作戦には思わず唸ってしまうものがあります。

 

どの世界でも、パイオニアの工夫は面白いものなんだなぁと、今日も近所の道端で思いました。

ナガミヒナゲシ 異国に暮らす植物の凄み

最近、危険外来植物なんて呼ばれて知名度急上昇中の「ナガミヒナゲシ」。

 

その旺盛な繁殖力から「生態系を崩す」と各地で忌み嫌われていますが、この植物は果実が面白い。

f:id:michi_kusa:20170507183612j:plain

▲長い実のヒナゲシだから「ナガミヒナゲシ」。

f:id:michi_kusa:20170507183647j:plain

▲実の上部には「窓」がついていて、ここから種が出てくる作り。

ちなみに、この実の形はアヘンの原材料となるケシ科ケシ属の植物の特徴。(※ナガミヒナゲシからはアヘンの成分は取れないそうです。)

 

もともとの住み処はヨーロッパの地中海地方。日本では1961年に世田谷で見つかったそうな。

f:id:michi_kusa:20170507183714j:plain

確かにこればっかり増えると困っちゃうのだけど、「あなた突然外国にやってきてよくそんなに増えられるね。」という興味の方が湧いてきてしまうのが僕の性分。

 

一体全体どんな種をしているのさ。と、窓をコツコツ叩いて種を出してみる。

f:id:michi_kusa:20170507184147j:plain

▲小さい!これぞまさに正真正銘「ケシ粒ほどの大きさ」。

f:id:michi_kusa:20170507184316j:plain

▲中にはぎっしりと種がつまっている。なるほど、こりゃ増えるわけだ…。


靴底や車のタイヤに挟まれば遠くまで運んでもらえるし、路上の隙間に入り込むにはうってつけの大きさ。


ナガミヒナゲシアスファルトの道路沿いにたくさん生えているのもこれで納得。

f:id:michi_kusa:20170507184746j:plain

▲しかも、まだ未成熟のこんな種でも発芽することが出来るらしい。

f:id:michi_kusa:20170507185013j:plain

▲未熟な種子のアップ写真。

f:id:michi_kusa:20170507184412j:plain

▲せっかくだから花の中身の様子も見させてもらうことに。

見た目から受ける印象が圧倒的で、なんだかもうナガミヒナゲシが凄いやつにしか見えなくなってきました。

f:id:michi_kusa:20170507184859j:plain

▲この状態で中身をこじ開けると、さらに未熟な種の様子が見えます。

f:id:michi_kusa:20170507185158j:plain

▲さらにアップで見させてもらう。結構きれいだ。

 

この小さな種だけが理由でなく、ナガミヒナゲシは他の植物の生育を妨げるアレロパシー活性が強いと言われていて、その効果によって自分たちだけ優先して陣地を拡げることが出来るのだとか。

 

ナガミヒナゲシが急速に増えているのにも、よく観察してみればやっぱり理由が隠されていました。

 

こうして面白い面白い言っている間に、きっと僕の靴底にはナガミヒナゲシの種が付いていて、まんまと運び屋をやらされているのだろうと思うと、この植物の手ごわさを更に強く感じるのでした。

 

※種の様子を観察したら、その種は近くにばら蒔かないように!

ナズナ ペンペングサの種

露店でコーヒーを注文している間に、おもむろに路上のナズナを引っこ抜く。

 

そういえば、身近過ぎてこの植物ちゃんと見たことなかったな。なんて思いながら。

f:id:michi_kusa:20170505201736j:plain

▲実を開けてびっくり、こんなところに種が!

 

ナズナと言えば、小さい頃にこうしてジャラジャラ音を鳴らして遊んだ記憶を皆さんお持ちだと思います。

f:id:michi_kusa:20170505203311j:plain

ペンペングサの名前の由来は、「ペンペン」音がすることや、

実が三味線の鉢に似ていていること(三味線を弾く音が「ペンペン」)から来ていると言われています。

f:id:michi_kusa:20170505203716j:plain

▲実のアップ。意外とちゃんと見たことが無いけれど可愛いハート型。

f:id:michi_kusa:20170505202404j:plain

▲わざわざ全体の写真を載せなくても分かるだろうというほど、知名度の高い植物。

 

だけどこうした「知っているはず」の身近な植物ほどよく見ると面白いんです。

f:id:michi_kusa:20170505203955j:plain

▲これが熟した実。

f:id:michi_kusa:20170505204017j:plain

▲この実を開けると、こんなにたくさんの種が入っています。

f:id:michi_kusa:20170505204048j:plain

▲全部あけるとこんなにも!

f:id:michi_kusa:20170505204108j:plain

▲種が落ちると、この透明な部分だけが残ります。

 

面白い。この構造面白いよペンペングサ氏!

 

これはしっかり他の部分もよく見てみないと。ということで花をアップで観察。

f:id:michi_kusa:20170505204136j:plain

▲上から見たところ。

f:id:michi_kusa:20170505204159j:plain

▲花一つのアップ。花弁が十字に4枚なのはアブラナ科の花の特徴です。

f:id:michi_kusa:20170505204229j:plain

▲花弁の中から、実が出てきている!

 

うぅむ。なかなか面白いぞ、ペンペングサ。もう少し研究を続けよう。と一人興奮してきたところで、頼んでいたコーヒーの出来上がり。

 

待ち時間だってあっという間に過ぎる植物観察。地味だけど、植物見ていると良いことがたくさんあります。