いまここで会える自然

植物初心者でも、街中で楽しめる植物を紹介するブログ

キンモクセイの香りが切ない理由

通りを歩いていると、足元にオレンジ色のつぶつぶが落ちていました。

f:id:michi_kusa:20171019003307j:plain

▲なんだろうかと近寄れば、たくさんのキンモクセイの花。

 

あぁ今年ももう終わりかぁ。秋の訪れとともに咲き、冬の予感を漂わせながら散っていくキンモクセイ

f:id:michi_kusa:20171019003432j:plain

▲数日前の花盛りの時。その独特の良い香りから、この花を好きな人も多いと思います。

 

ですがこの香り、どことなく切なさを含んでいるようには感じませんでしょうか?植物学的には全く正しくありませんが、今日はキンモクセイのそんな話を一つお届けします。

 

キンモクセイは、その木にこれでもかという程たくさんの花を咲かせますが、その「実」を見たことがある人はほとんどいないはずです。どうしてでしょうか。

 

その答えは簡単で、じつは日本にあるキンモクセイは全て男性の木だからなのです。

キンモクセイは「雌雄異株」といい、「男性の木」と「女性の木」とに分かれている樹木。日本には、中国から海を越えて運ばれてきました。

 

江戸時代の人が、よく香る花がたくさん咲く「男性の木」を気に入り、それだけを育て増やしてきた結果、日本には男性の木だけが広がったのだと言われています。

 

男性の木の花がよい香りを発するのは、虫などを誘って花粉を運んでもらい、女性の木の花と受粉して子孫を残すため。

しかし、日本には女性の木がいないので、いくら男性の木が花粉を出したところで、その受粉が成功することはありません。

 

そんなことも知らず日本のキンモクセイは自分のパートナーが見つかることを信じ、全力で良い香りアピールをし続けているというわけなのです。


どうでしょうか。人を心地よくさせるその香りが、じつは叶わぬ恋の香りなのかと思うと、ただでさえ物悲しい季節がさらに切なく感じられてきませんか。

  

この話を書こうと思い、どこかに日本のキンモクセイが男である証拠がないかなと探していたところ、簡単な所に見つかりました。

f:id:michi_kusa:20171019003518j:plain

▲花のアップ。花びらは根本でくっついて離れず、ちょうど「X」みたいな形をしています。こうして見ると意外に面白い。

f:id:michi_kusa:20171019003549j:plain

▲さらに近寄るとくっきり分かる2つの雄しべ。

 

日本のキンモクセイの花は全てこの作りをしています。おそらく女性の木は雌しべが目立つ花のつくりをしているはずですが、なにせ日本には男性しかいないので確かめるすべがありません(いつか見てみたいです)。

 

何百年もの果てない時間、決して届かぬ思いを懸命に飛ばし続けるキンモクセイの情熱と悲哀の香り。今年もその想いは遂げられることなく散っていくようです。

 

ううむ、やはり簡単に「良い香り~!」として喜んでばかりはいられないですね…。


今年もこれでいよいよ冬へと季節が変わっていきます。植物もぼちぼち冬支度をはじめているみたいですね。

カラスウリの実の中から出てくるものは

僕の中で勝手に決めている、面白い種子御三家というものがありまして、今年はその写真をちゃんと撮っておこうと決めておりました。

 

その1つ目がフウセンカズラ

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 ハートの形をした種がとってもキュートです。

 

2つ目が昨日紹介した、アオツヅラフジ。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 種からアンモナイトが出てきた時は本当にびっくりしました。

 

続いて3つ目が今日紹介するカラスウリ

f:id:michi_kusa:20171013193648j:plain

▲これです。種じゃなくてこの状態でも一際目を引くオレンジ色。

 

じつはこのカラスウリのことは、夏にも一度ご紹介しました。

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 夏の夜に大胆に咲く白いレース状の花。これが僕は大好きで、夏は欠かさず見に行っています。

 

今日はこのカラスウリの花がその後どうなるのか見てみたいと思います。

f:id:michi_kusa:20171013193933j:plain

▲先ほどのオレンジ色の実をまずは真っ2つに割ってみます。(ちゃんと敷地の持ち主さんに許可取りました)

f:id:michi_kusa:20171013194037j:plain

▲見た目がまさしく瓜なので、意味は無いと思いつつ黒い皿に入れてみました。こんな感じで中身をさらっと取ることが出来ます。

f:id:michi_kusa:20171013194211j:plain

▲あんまり美味しそうではないですね…。こいつを水で洗って綺麗にしてみます。

 

すると、

f:id:michi_kusa:20171013194305j:plain

カラスウリの種のお目見えです。これ、何に見えますか?

f:id:michi_kusa:20171013194415j:plain

カラスウリの実1つに入っていた種、数えてみると42個!いっぱい入ってるんだなぁ。

 

さぁこのカラスウリの実、一体何に見えるでしょうか。

 

ある人は言いました。

f:id:michi_kusa:20171013195409j:plain

▲カマキリの頭だ!と。

 

そしてまたある人は言いました。

f:id:michi_kusa:20171013195627j:plain

▲結び文じゃないかしら。

 

なんていう風に、見る人によって様々なものに映る楽しい楽しいカラスウリの種。

 

この種を何に例えるのかは人それぞれの自由ですが、僕が推しているのは「打出の小槌」。日本昔話に出てくる、振れば金銀財宝が出てくるというあの打出の小槌です。

 

なぜこれを僕が推しているかというと、これを財布に入れて置くとお金が貯まるから・・・ではなくて、この種を1日、2日置いておくとこうして

f:id:michi_kusa:20171013200206j:plain

▲金色になるからなんです!何でこうなるのか分からなくていつも不思議なんですけどね。

 

面白いじゃないかカラスウリ。夏の花も素敵だし、秋も良い。サービス精神旺盛だな全く。

 

よし、これでちゃんと御三家の写真も撮ったことだし、今年はまた他に面白い種がないか探してみよう。

 

複雑な話ではなくて、形の面白さを純粋に楽しむというのも立派な植物観察。こういうところから植物を好きになれればいいのかなと思います。

 

しかし、3年前から打出の小槌を財布に入れているのになかなか効果が表れないのはどうしてなのでしょうか。

アオツヅラフジの中から出てくるアンモナイト

秋になったので、最近は果実や種を見るのを日々の楽しみにしています。場所は相変わらず近所ですけどね。

f:id:michi_kusa:20171013012502j:plain

▲今日はアオツヅラフジの実を発見!

f:id:michi_kusa:20171013012553j:plain

▲しめしめ、この実面白いから好きなんだよな。

f:id:michi_kusa:20171013012634j:plain

▲こうして青い実を潰してみると、中から出てくるのはゼリー状の果肉に包まれた種子。

 

いそいそとこれを洗ってみると…

f:id:michi_kusa:20171013012744j:plain

▲なんとアンモナイト!なんという造形!

f:id:michi_kusa:20171013012936j:plain

アンモナイトを3つ並べてみました。


本物は高いけど、これならすぐに手に入りますね。


これ、ぼく毎年毎年同じことして喜んでいるんだけど、今年もやっぱり同じようにビックリしてしまいました。本当にもう、自然恐るべしです。

 

なんでこんな形をしているんだろうか。見れば見るほど謎は深まるばかり。 

imakokonoshizen.hatenadiary.jp

 

↑この前、フウセンカズラの種のことを紹介しましたが、アオツヅラフジもこの時期見逃せない植物の一つ。

 

なぜその形なのか意味は分からなくても、自然のデザインの多様さを垣間見ることが出来るので、植物の「種子」観察も結構おすすめです。

 

秋はなかなか楽しい季節。植物を見ていると、季節の変化に敏感になれるのがいいなと思っています。

葉見ず花見ずのヒガンバナ 葉っぱを探すならこの季節!

ちょっと季節外れじゃないか?と言われそうですが、この時期で大丈夫なんです。

f:id:michi_kusa:20171007174645j:plain

▲今日はヒガンバナのこと。夏の終わりを告げるとっても綺麗な花。

(これは9/14撮影。)

f:id:michi_kusa:20171007174730j:plain

▲全開の花も良いけれど、つぼみが結構可愛らしい。

f:id:michi_kusa:20171007174753j:plain

▲この可愛いつぼみが一つずつ開いていき、

f:id:michi_kusa:20171007174930j:plain

▲全開になるとこうして見慣れたヒガンバナの花になります。

f:id:michi_kusa:20171007175038j:plain

▲とっても良い花だなと思いますが、ちょっと何かに気付きませんでしょうか?

f:id:michi_kusa:20171007175940j:plain

▲ここ、ここにぐーーっと寄ってみるとどうでしょう。こう思いませんか?

 

「あれ、葉っぱがない!」

 

・・・すいません、大丈夫です。こんなこと思わないほうが普通です。

 

でも、無いですよね葉っぱ。どこにも見当たらないですよね。一体どこにあるのかしら葉っぱは。

 

どれくらいの方が気になるのか分からないこの疑問。じつは季節外れのこの時期に解決することができます。

 

今日はそれが書きたかったのでした。

f:id:michi_kusa:20171007180850j:plain

▲これが今日10/7のヒガンバナ

f:id:michi_kusa:20171007181149j:plain

▲すっかり花が終わり、くたぁっと枯れかけています。

 

この時期です。まさにこのタイミングで根本を見てみると

f:id:michi_kusa:20171007181258j:plain

▲これ!葉っぱが出て来ている!!

 

これでわかるように、ヒガンバナは花が咲いている時には葉っぱを出さず、花が終わってから葉っぱを出すという方法を取っている植物で、ヒガンバナの別名の「葉見ず花見ず」とはまさにこのことを指します。

 

この花が咲く晩夏は、多くの草木が互いに競争をしながら光を求めており、それぞれが切磋琢磨しながら上や横に伸びたり、ほかに巻き付いたりして日の光を求めています。

 

夏は光合成を行うには適切に見えて、じつはライバルが多い季節とも言うことができます。

 

そこでヒガンバナは考えた(という表現が適切かはさておいて)。

 

ライバルが多い夏には葉を出さず、他に葉が少なくなる冬を狙って自分の葉っぱを出せばいいのではないかと。

f:id:michi_kusa:20171007181348j:plain

▲右の方にある黄色い枯れたものは花茎で、真ん中ですくっと立ち上がる緑がヒガンバナの新芽。

 

確かに冬は光合成を行うには不向きな季節ですが、その代わりに周りの草はいなくなり、頭上を覆う樹木の葉も落ちるため、光を独占して集めることが出来ます。

 

秋から冬にかけて光合成を行い、そのエネルギーや栄養を地下の球根に貯める。そして、翌年の5月頃にまたライバルが増えてきたら、潔く葉を枯らして一度地上から姿を隠す。夏が来た頃合いで、地下に蓄えたエネルギーと栄養でもって一気に地上に現れて花を咲かせたら、すぐさまその花を枯らし秋にまた新しく葉っぱを出す。

 

こういう性質を「冬緑性」といいますが、なかなか上手な考えだと思います。

 

ヒガンバナを見ていると、みんなと同じ生き方をしなくたって、自分なりのやり方があるさ。と励まされているようで勇気が出てきます。

 

ヒガンバナの葉っぱを探すなら、ギリギリ花茎が残っている今がチャンス。

 

もう少し時間が経ってしまうと、花茎がなくなってしまいどれがヒガンバナの葉っぱかヒントが無くなってしまいますからね。

 

植物の戦略の多様さや面白さを感じることが出来るので、この季節のヒガンバナ観察、すご~~~く地味ですがおススメです。

フウセンカズラのハート型の種

自然を見ていて「いいなぁ」と思うのは季節の移り変わりを実感できるところ。

 

季節はすっかり秋になり、植物もそれに応じて様々なステージに移っています。中でもこれからの季節で注目なのは、やっぱり種!これは楽しみがいがありますよ。

f:id:michi_kusa:20170925005417j:plain

▲今日紹介したいのはこれ。フウセンカズラです。

 

名前の由来は単純。果実が風船のように膨らんで、つる性(つるのことを、「かずら」と表現します)の植物だから。

 

このボンボンの果実が可愛らしいので、よくお庭などで植えられている熱帯地方原産の植物です。

f:id:michi_kusa:20170925005452j:plain

▲このフウセンカズラは熟すとこうして茶色くなります。

f:id:michi_kusa:20170925005509j:plain

▲この内の落ちてしまったやつを1ついただいて

f:id:michi_kusa:20170925005546j:plain

▲中を開いてみます。すると出てくるのは3つの黒い種。

 

この種をよく見てみると・・・

f:id:michi_kusa:20170925005624j:plain

▲ハートの模様!!なななな、なんという可愛らしさでしょうか。

 

なぜハート型なのだろうとか、色が白黒はっきり分かれている理由は?など考えてみたいことはたくさんあるのだけれど、それらはひとまず置いておいて「自然のデザインは本当に面白い!」と思います。

 

こういう身近な驚きを理屈抜きに思う存分味わうこと。それが自然好きへの第一歩かなと最近思います。

 

これまた多分近くで育てている方がいると思いますので、ちゃんと持ち主に許可を取ってから是非その目で見てみてください。きっと自然のデザインの巧妙さに驚くと思いますヨ。

美しいミョウガの花と、つぼみのつくり。

f:id:michi_kusa:20170921140743j:plain

▲いま、うちの庭でミョウガが花盛りです。

f:id:michi_kusa:20170921134308j:plain

▲秋ミョウガ取り放題の季節がやってきました。ミョウガは半日陰に植えておけば勝手に育つので楽ちんです。

 

ミョウガの美しい花をいち早く紹介したかったので、いきなり答えを出してしまいましたが、本当は「ミョウガは植物で言うとどこの部分を食べているでしょうか?」という問題を出したかったのでした。

f:id:michi_kusa:20170921135809j:plain

▲地面からひょっこり顔を出すミョウガの花。

f:id:michi_kusa:20170921134450j:plain

ミョウガの株の脇に、気が付くとこっそり出てきます。

f:id:michi_kusa:20170921134519j:plain

▲花を正面から。身近でよく知っている野菜なのに、意外とちゃんと見たことがない花の一つだと思います。

 

さて、この花が咲いているところを引っこ抜いてみると、どうなるでしょうか?

f:id:michi_kusa:20170921134548j:plain

▲これでばっちり分かりますね。私たちがよく知っているミョウガとは、花が咲く前の「つぼみ」のことだったのでした!

 

ミョウガの花は、親の株から地中を通る茎によって少し離れた場所に突然顔を出してきます。(上の写真で、ミョウガの下に少し土がついた部分が地下茎の一部分)

 

ちょっと面白いので、料理に使うついでに分解してみました。

f:id:michi_kusa:20170921134608j:plain

▲まず、一番外側の苞をはがしてみます。思っていた以上に花柄が長い。

f:id:michi_kusa:20170921134633j:plain

▲続いて、さらに何枚か苞をはがすと、また別の花のつぼみが出てきました。

 

こうして苞葉を順番に剥いていくと、面白いことが分かりました。

f:id:michi_kusa:20170921134652j:plain

▲じゃん!上段が花のつぼみで、下段がそれを覆っていた苞葉。

一番右の棒みたいなものは、つぼみと苞葉が全て取り去られたあとに残った部分です。

 

ミョウガの「つぼみ」と一口に言っても、中にはこんなにたくさんつぼみが控えていたんですね。ミョウガの花もなかなか侮れません。

f:id:michi_kusa:20170921135006j:plain

▲でも、これどんな花のつくりをしているのだろう。ということで、最後にちょっとだけ花の細部も見てみることにしました。

 

上の写真の花の中心部に、奥から手前に向けて一本ひょろっと伸びる部分が見えますでしょうか。

f:id:michi_kusa:20170921135138j:plain

▲そこの部分をアップしたのがこちら。左にある膨らみが雄しべで、右にある先っぽの部分が雌しべなのだとか。

f:id:michi_kusa:20170921135344j:plain

▲雄しべのアップ。あっ、花粉があった!

f:id:michi_kusa:20170921135433j:plain

▲そうこしている内に、雌しべが離れました。(右側の白い紐のようなもの)

雄しべと雌しべは一体化しているわけではなく、やはり別々で作られているみたい。

 

なるほど、こんなつくりになっているのかミョウガの花は。

 

食べて美味しく、見て楽しい。野菜の観察もなかなかおススメです。

ミズヒキの花とつぼみと若い果実 -植物を面白がるコツー

今日は、僕が推奨している「植物を一人で勝手に楽しむ方法」とはどういうものなのかという話を一つ。

f:id:michi_kusa:20170916192225j:plain

▲こういう花、見たことありますか?

f:id:michi_kusa:20170916192243j:plain

細くて長い花穂に多数の赤い花がつく、「ミズヒキ」です。これも、この時期に近くでよく見る花の一つ。

 

僕が植物入門者だったころ、「ミズヒキは、ご祝儀袋などに使う水引に似てるからこの名前がついているんだよ」と教わって、「そうなんですねぇ」と言っていたのですが、どこが水引に似ているのかまったく分からないまま時が過ぎていきました。

f:id:michi_kusa:20170916192356j:plain

▲水引って、この紅白のこれですからね。花穂が細長いところが、水引の糸みたいだからということなのかしら。何だかしっくりこないなぁと。

 

しばらくして、僕が花をちゃんと見るようになってから、この謎が解ける日がやってきました。

f:id:michi_kusa:20170916192647j:plain

▲これがミズヒキの花。これにさらに近づいてみると

f:id:michi_kusa:20170916192712j:plain

▲4枚ある花被片のうち、上3枚は「赤」く、下の1枚だけ「白」。

f:id:michi_kusa:20170916192732j:plain

▲なるほどぉ!この姿を水引の紅白に例えたのか。これなら納得!!

 

しかし、こんなに小さい花のことを昔の人はしっかりと見ていたのかと思うと、その観察眼の凄さに溜息が漏れてしまいます。

 

こんな感じで、ずっと疑問に思っていたことが氷解する瞬間が植物を見ているとよくあります。

 

一つ知ったら、また次の疑問が出てくるのがこの世界。植物が一生の趣味になる理由もここにあるのでしょう。

 

ということで、いまの僕のミズヒキに対する疑問。

f:id:michi_kusa:20170916193025j:plain

▲よく見かけるこの状態はミズヒキの「つぼみ」なのか、花が終わった後で「果実」になっていく時の姿なのか。どちらだろう。

 

せっかくなので、この謎を解決してみることにしました。

f:id:michi_kusa:20170916193155j:plain

 ▲解決方法は簡単。この状態のものを一つ失敬して、中を開けてみます。

f:id:michi_kusa:20170916193237j:plain

 ▲中から出てきたのは、若い種子!

ということは、やはりこれは花が終わった後の姿だったのだな。

 

となると、つぼみはどれなんだろう。と探してみると。

f:id:michi_kusa:20170916193412j:plain

▲ありました!つぼみを見てみると、見ただけでこれがつぼみだなと理解できるので不思議。

 

このようにして、僕は本日ミズヒキに対する疑問を2つも解消してしまったのでした。

 

誰かに褒められるもんでもないし、自分でただ遊んでいるだけなんだけど、植物の楽しさってこれじゃないかなと思うんです。

 

まず名前を知って、それからその生き方を知る。そして答え合わせは自分で勝手に確かめる。

 

意外と簡単です。だってこれが「つぼみ」か「果実」かを知りたければ、一つ取ってきて外側を剥いてみればいいのだから。

 

一回コツを掴めばきっと楽しめるようになります。まずは近くでミズヒキの花、探してみてください。